JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

すいません、少しお伺いしたいことがございますが、よろしいでしょうか。

解決済みの質問:

すいません、少しお伺いしたいことがございますが、よろしいでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。お母様が亡くなっていますので、お母様名義の持ち家は、相続人のお父様とご相談者様の共有状態と言うことで、名義変更の手続きはされていないと言うことですね。当然、お父様が、亡くなれば、ご相談者様の相続財産となります。その女性とは、婚姻関係では無く、内縁関係(事実婚)と言うことでしょうか?内縁関係は、相続権はありませんが、お父様が、遺言を作成すると、相続権を得ますので、複雑な状況もあり得ます。現時点では、家賃等無しで住まわせる使用貸借だと思いますので、お父様と一緒に過ごす目的が無くなれば、法的にはいつでも退去させることが出来る形にはなります。これが賃貸契約になるとかなり難しいですが、使用貸借と言えども、法的に退去させるのは、強制執行になるので数百万円かかる場合もあり得ます。そう言う意味では、お父様が亡くなるまでの契約として、その場合は、やはり引っ越し代や立ち退き料をいくらかは支払うようにされた方が良いかもしれません。公正証書で契約書を作成すると言うのもありますし、その場合に、内縁関係契約書としてこのことを契約しておいてもらうと良いでしょう。お父様に女性に有利な遺言を作成されると一番もめる可能性があるので、出来れば早急に名義は、ご相談者様だけにされた方が良いでしょう。相続による所有権移転登記をしておいた方が安全と言えます。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問