JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

転職に関するご相談です。 私は現在ある会社で働いておりますが、職場での精神的負担から約一年ほどの休職をしておりまし

解決済みの質問:

転職に関するご相談です。
私は現在ある会社で働いておりますが、職場での精神的負担から約一年ほどの休職をしておりました。
去年の11月に復職後、仕事をしながら転職活動を続けようやく内定にこぎつけることができました。
そこで手続きを進めていたのですが、新しい職場から平成28年度の源泉徴収票の提出を求められています。そこで気になったのですが、源泉徴収票あるいは他の社会保険関係の提出物等から私の去年の長い休職歴がばれてしまう、もしくは発覚したことによる試用期間中の解雇といったことに繋がらないか非常に心配しております。面接では特に休職の話などは一切聞かれなかったので特段答えてもいません。
休職期間中は傷病手当金を受給しておりました。
ちなみに、復職後の転職活動中(28年度)に心労から体を壊し、約二週間ほど診断書欠勤をしており、現在は勤務に戻っておりますがこの二週間の扱いも気になります。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
ご相談頂きましてありがとうございます。直接的に源泉徴収票などの提出物から休職歴は内定を出した会社には分かりません。ただ、源泉徴収票の金額がかなり低ければそれを見て疑問に思うことはあるでしょう。それで内定を出した会社から質問を受けて発覚するということはあるでしょう。ただ、内定を出した会社の採用面接の際に休職について聞かれていないのであれば、嘘は言ってないことになります。また内定先の会社に働き始めたときにご病気が治っているのであれば労働の提供には問題はないのですから、過去に休職のあることが分かっても解雇は認められないでしょう。その他、雇用保険の被保険者証の提出を求められることがありますが、それには休職歴は記載されていませんし、ハローワークに勝手に休職歴を問い合わせることもできません。ハローワークにも守秘義務があります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
この度の私の個別的な例ですと、どのような点から源泉徴収票の記載が発覚するのでしょうか。
提出を求められている平成28年度とは2015年1月からの数字を意味するのでしょうか?復職は11月の事なので
2015年の1月からの数字ですと、休職前の源泉税と同様な数値になっておりますが、ここから何かを勘繰られる要素がありますでしょうか。
社会保険や税金関係の数字には全く疎く、ご面倒をおかけしますがご教示のほど、よろしくお願いいたします。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
「年度」ではなく「年」だと思いますが、内定を出した会社は採用前の源泉徴収票を求めているでしょうから2015年1月~でしょう。源泉徴収票には支払金額が記載されますから、休職が長くて給与が支払われていなければ金額が低くなり、担当者が気づけば疑問に思うでしょう。提出があっても担当者がよく見ないこともあるでしょう。いずれにしましても虚偽がなく、働く時点で病気が治っているのであれば解雇は認められないと考えられます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
もう一度採用通知書を確認いたしましたが、H28年の源泉徴収用・雇用保険被保険者証の提示を求められていました。最後に一つだけアドバイスをお願いしたいのですが、解雇は認められない公算が高いとの事ですが、万が一休職を疑われ
質問があった際にはどのような回答をしてやり過ごすのがベストなのでしょうか?
また、当方に休職理由についての回答義務や虚偽の理由を告知する義務のようなものはあるのでしょうか。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
源泉徴収票については会社に確かめるか、あるいは確かめたときに2015年1月~と言われるのを避けるのであれば確かめないのも1つの選択肢でしょう。休職を疑われたときの質問に対してですが、私からは嘘がないようにとしか言えません。やり過ごすベストな方法というのは法律のカテゴリの範疇ではないのでご理解ください。就職先への前の会社での休職理由についての回答義務は直接的に法律で理由を回答しなければならないという定めはありません。
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。非常に安心した回答がいただけて幸いです。
後ほど評価を入れますので、機会がありましたら今後ともよろしくお願い申し上げます。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
プラス評価ありがとうございます。またご丁寧なご返信にも感謝申し上げます。

法律 についての関連する質問