JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

中絶手術の際、パートナーの同意書不要なケースに該当しますか?妊娠した経緯はある日私は好きな人と飲みに行くことになりま

解決済みの質問:

中絶手術の際、パートナーの同意書不要なケースに該当しますか?妊娠した経緯はある日私は好きな人と飲みに行くことになりました。合流すると知らない人が、好きな人の知り合いの人でした。二人は私に執拗にお酒をすすめて、断っても飲んでといわれました。グラスが空きコーラを頼むとハイボールのダブルに二人が変更し、お酒を飲むしかありませんでした。そして、泥酔した私は気づくと自分の部屋で知り合いの人に犯されていました。その後、アフターピル服用するも妊娠がわかり、好きな人に連絡するも受信拒否、ラインもブロック、SNSは退会され連絡がつきません。あの知り合いの人はもともとから連絡先、名前、勤め先を知りません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
同意不要なケースです。母体保護法第14条第1項第2号は、「暴行又は脅迫によって又は抵抗若しくは拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したもの」につき、本人および配偶者の同意を得て人工妊娠中絶を行うことができるとあり、 同条第2項は「配偶者が知れないとき若しくはその意思を表示することができないとき又は妊娠後に配偶者がなくなったときには、本人の同意だけで足りる。」とあるからです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
法律上ではできても実際は医師の判断に委ねられており難しいと思うのですが、その点をクリアする方法はありますでしょうか?すみません、賢いかたの知恵をお借りしたくて。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
上記条文の内容を暗記して行って、そのまま述べるか、強姦にあったのだから、適用除外だといってください。決して医師の判断ではありません。  これが堕胎罪になるかどうか、は純法律的な観点から行われます。これがクリアしないと、あなたは自己堕胎罪(「妊娠中の女子が薬物を用い、又はその他の方法により、堕胎したときは、1年以下の懲役」(刑212条)、医師は業務上堕胎罪(「医師、助産婦、薬剤師又は医薬品販売業者が女子の嘱託を受け、又はその承諾を得て堕胎させたとき、3月以上5年以下の懲役」 刑214条)に問疑されます。  なお、同意の有無にかかわらず、強姦による妊娠の場合は、母体保護法第14条第1項第2号該当し、違法性を阻却されるということです。同意ばない場合は違法性が阻却されないという解釈は適当ではありません。 なお輪姦により集団強姦罪(「2人以上の者が現場において共同して第177条又は前条第2項の罪を犯したとき」刑178条の2 4年以上の懲役)による刑事告訴もしたほうがよいでしょう。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問