JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

ある演奏家(主にクラシック系)の集団で・・協会と名乗っている団体ですが、協会規約として「協会員同士の個別の交流を禁止

解決済みの質問:

ある演奏家(主にクラシック系)の集団で・・協会と名乗っている団体ですが、協会規約として「協会員同士の個別の交流を禁止する」という項目があります。協会員同士の個別の連絡を禁止し、全ての連絡は代表を通さなければならないというものです。これは協会員相互の情報交換により、代表に不利益が生じるというのがその規約の存在目的だと思いますが、このような規約はそもそも社会通念として妥当なものでしょうか?またもう一歩進めて法的には何か差し障りはないものでしょうか?この協会の代表の言動には不誠実なものが多いようで、また協会員は基本的にノーギャラで活動しており、一貫したこの部分での規約等はありません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
不当でしょう。  個別ということは、構成員が個々に会うということであり、構成員が組織する集団、又は構成員たる複数の人が偶然に又は目的をもって会合をもつということは含まれていないと解することもできます。また何ら罰則なり制裁規定がないので、これは訓示規定(守っても守らなくてよい)として無視していけばよいのではないでしょうか。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問