JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
70981215
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

交通事故による怪我で昨年8月から休職しており、完治までもうしばらくかかると会社に伝えたところ、これ以上あなたの社会保

質問者の質問

交通事故による怪我で昨年8月から休職しており、完治までもうしばらくかかると会社に伝えたところ、これ以上あなたの社会保険の会社負担分を負担することはできないので退職してくれと言われました。(休職中の自己負担分は会社へ振込みをしておりました。)私としてもこれ以上会社に迷惑かけるわけにはいかないと思い退職をすることに決めました。
会社に残している私物の件で同僚に連絡を取ったところ、私が休職中に残業代のことで会社と従業員のあいだでいろいろあったとのこと。
その内容は、いままで残業代は30分切り捨てで計算されていたがそれはおかしいと従業員からの指摘で会社は日々1分単位で再計算した額を従業員に支給したというものでした。私もその話を聞いて会社にそのことを確認したところ、「あなたは8か月間、社会保険会社負担分約14万円をこちらで負担したんだからそれはいいでしょ!、退職届けと一緒にこれ以上(プラス残業代を含まず)お互いに金銭のことで請求しないということを誓約書で一筆書いて提出してね!」と言われました。残業代再計算の額はプラス約4万円だそうです。
私も8か月間社会保険を継続してもらっていたこともあり、その残業代のプラス4万円くらいならとも思いましたが、言われ方にちょっとイラッともしております。
実際のところ、休職中の社会保険の加入期間の期限の有無(法的に決まりがあるのかもしくは会社規則なのか)と休職中の社会保険の負担割合(これも法的に決まりがあるのかもしくは会社規則なのか)を教えてください。
プラスの残業代は実際のところ請求するつもりはありませんが、本来このようなケースでは請求できるのか?ということも併せて教えてください。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 社会保険労務士のCustomerと申します。 交通事故によるケガで休職していたが、会社と話し合いの末退職なさることに決めたのですね。休職中に会社では未払い残業代を遡って支払っていたが、ご質問者様には支払われておらず、「社会保険会社負担分を支払っていたのだから、その分は請求しないことにして誓約書を書くように」と言われていて、そこには同意できるが、言い方が不愉快なものだったので、いらっとする気持ちになったのですね。会社になるべく迷惑をかけたくないというご質問者様の誠実な気持ちを逆なでするような対応を受けて、嫌な気分になるのも無理からぬことと存じます。 さて、休職中の社会保険の加入についてご回答いたします。社会保険は、基本的には、退職しないかぎり被保険者資格は継続します。被保険者資格がある間は、休職中であろうとなかろうと、保険料の金額や負担割合は、通常の場合と同じ扱いです。つまり、法律的に休職中にも社会保険に加入していなくてはならず、会社は、通常通り社会保険料の半分を負担する義務があります。被保険者の負担分も通常通りですので、給与が支払われていない間は、被保険者(ご質問者様)が会社にその分を支払うことになります。これは振込で対応なさっていたということなので、会社の対応は、法律で決まっている通りです。会社が社会保険料の会社負担分を支払っていたからといって、恩着せがましく言ってくるのは、おかしな話です。 会社規定で決める部分は、休職できるかどうか、また、休職の期間はどこまでか、ということです。この点については、法律の規定はなく、それぞれの会社の就業規則によって内容が変わってきます。 未払い残業代の支払がほかの従業員にされたということですので、ご質問者様にも当然会社に請求する権利があります。請求するお気持ちはないということですが、会社のいうような誓約書を書くことに応じる義務はありません。かりに誓約書を書いたとしても、「それがほんとうにご質問者様の自由意志なのか」という点に疑問が残る場合は、裁判で無効の判決が出る可能性が高いと考えます。とはいっても、4万円程度の金額で訴訟というのも意味が無いですから、そのような誓約書は書かないに越したことはありません。 もし後で気が変わった場合は、2年以内であれば請求できます。もし、会社が応じなかった場合は、労働基準監督署にご相談することをおすすめします。 専門家としての回答は以上になります。記載の内容にご不明な点などございましたらご返信ください。もしご満足いただきましたら評価をお願いいたします。どうもありがとうございました。
srleeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速の回答ありがとうございました。とても参考になりました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
プラス評価及びボーナスまでいただき、まことにありがとうございます。 今後とも、なにかお困りのことがありましたら、またご利用下さい。できるだけお力になりたいと存じます。 お怪我が一日も早く回復することをお祈りしております。どうもありがとうございました。

法律 についての関連する質問