JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4768
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

48才の女性です。この度、協議離婚をすることになりました。 8年程の別居を経てやっと離婚に応じてもらい、公正証書も作る運びになりました。しかし、年金分割(合意分割)については相手

解決済みの質問:

48才の女性です。この度、協議離婚をすることになりました。
8年程の別居を経てやっと離婚に応じてもらい、公正証書も作る運びになりました。しかし、年金分割(合意分割)については相手(夫)は拒否。私には中3と小6の子供がおり、19年の婚姻生活の内、2012年から2022年までの約10年間は夫の扶養に入っておりました(3号)夫は3号分割は理解するのですが、合意分割には全く応じようとしません。そこで、調停に持ち込もうと考え、公正証書原案の作成をお願いした行政書士にその旨を伝えたところ、公正証書原案に円満に解決をし今後一切の財産の請求をしませんとゆう清算条項を入れているのでそれは厳しいと言われました。公正証書原案の同意もやっと取れた次第ですので、書き直しには応じないとおもいます。調停に持ち込むと私には勝ち目はないのでしょうか?障害のある子供がおり、将来的にも私が面倒を見ていかなければいけないと思うので、年金は少しでも増やしたいと考えています。 尚、公正証書原案には行政書士の薦めで年金分割は記載しませんでした。別に同意書と委任状をもらう予定でした。(費用が安くなると言われました)よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、公正証書での離婚協議書の作成はまだ済んでいないようですから、双方が合意できない内容であれば、作成を取りやめて、家庭裁判所の調停を申し立てると良いでしょう。作成を取りやめても、公証役場から文句が出ることはありません。合意がないものを作成できないと言う立場です。ただ、行政書士の先生の人間性にもよりますが、作成をキャンセルすると、報酬を返還しないといけないと考えて、いろいろ難癖をつけて応じないかもしれませんが、公正証書を作成して調停を申し立てるのは二度手間になります。そこは、キャンセル料を支払ってでも作成はやめた方が良いでしょう。基本的に、家庭裁判所の調停になれば、年金の合意分割も余程のことが何か理由としてない限り認められます。調停調書が作成されるので、それで年金事務所の手続きは一人で出来ます。家庭裁判所の調停は費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼される必要もございません。ただ、協議離婚と言っても離婚理由がご不明ですので、何とも言えない部分はありますが、性格の不一致で、特に有責性がなければ、堂々と年金分割を請求されて良いでしょう。調停のデメリットは、時間がかかるということです。離婚調停の場合は、半年から1年はかかることが多いようです。どうしても年金分割を有利にしたいのであれば、時間がかかっても調停はあり得ると思います。頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
調停とは離婚調停の事でしょうか?それでしたら、それでしたら、こちらは養育費を算定表より多く、家のローンも財産分与とゆうかたちで支払ってもらう取り決めをしましたので、調停に持ち込みますと、こちらが不利になります。やっと合意をとれたので、それは私と子供らの生活のためになんとしても死守したいです。それが故に協議離婚に拘ったわけです。清算条項も取り消して、また合意させるのは不可能だと思われます。しかし、離婚後の、年金分割の調停ですと養育費などには触れないとききました。ですので、離婚後に年金分割の調停をしたいと考えているのです。ですが、先に申しました清算条項があるので、その請求事態が却下されるとこちらの行政書士は言っています。それでしたら、なんとしても調停に持ち込みをせず夫と交渉をしていかなくてはなりません。それがなかなか難しいので、清算条項や何かの理由で請求が却下されず、また0・5とゆう割合がとれる見込みが強いなら調停をしようと思っているのです。夫はとてもまともとは思えない人格でなるべく関わりたくないのです。ですのでその見込みをしりたいのです。よろしくお願いいたします。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いだきまして誠にありがとうございます。追加のお話から、養育費等が算定表よりも多いと言うことですが、確かに、養育費は増減が可能な債権なので、調停に持ち込めば、当然、相手も養育費の減額調停を申し立てる可能性があります。そう言う意味では、痛し痒しと言うことろでしょう。ただ、必ず公正証書に書いてあるから見直しが出来ないと言うことではなくいので、年金分割の手続きは離婚後2年以内にしないといけないので、2年ギリギリで、調停を申し立てると言うのはあり得ます。調停になると2年の締め切りが調停が終わるま延長されます。合意分割は、認められるとは思いますが、養育費の減額もあり得るリスクは覚悟しておいても良いでしょう。ただ、その間に相手の年収等が上がれば、減額にならないで済むこともありますし、障害があるお子様の問題で、特別の費用として考慮される可能性もあるので、五分五分と言うことろでしょう。とりあえず、2年間は猶予はありますし、50歳以上になると、年金額の予想が年金事務所でできるので、算定してもらって考えても良いでしょう。まずは、公正証書を優先させてみても良いでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
清算条項がありますが、それでも養育費の減額請求ができるのでしょうか?反対に私の年金分割の請求が清算条項のために、厳しくなる可能性はあるのでしょうか?サイト等では年金分割の調停~審判では、ほぼ0・5の判断がでると書いてありましたし、行政書士もいっていましたがほんとうでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
清算条項があっても、養育費は増減が出来る債権なので、減額請求はあり得ます。また、年金分割は、民事の錯誤無効で、やはりして欲しいと調停でご依頼すれば、9割方は大丈夫と思われます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
錯誤無効とはどうゆう意味でしょうか、?
すみません。よろしくお願いいたします。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
錯誤無効とは民法の考え方で、意思表示と内心が食い違うような場合で、今回のケースでは、年金分割をしなくても問題ないと考えていたが、良く考えると年金分割は必要だと言うことに気付くような場合です。今回のケースは、年金分割は認められると思われますが、やはり、養育費の減額請求もあり得るので、調停も長引く可能性はあると言う点が迷うところと思われます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。年金分割の請求と養育費の減額請求が同じ調停で行われることがあるのでしょうか?私が調停で年金分割の請求をして、その調停の中で夫が養育費の減額請求を持ち出すことは可能なのでしょうか?それとも私の年金分割請求の調停は年金分割だけで、夫が養育費の減額請求をしたい場合は、別に調停をする必要があるのでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
家庭裁判所の中で、別々に起こすことも出来ますが、調停委員が、一緒にやりましょうと言うのはあります。当然、養育費の減額の調停が後で起こることもあります。養育費だけは、増減が出来るので、ご注意が必要です。そう言う意味では、いつでも減額のリスクはあるので、年金分割だけはきちりもらう方が良いとも言えます。本来は、もっとじっくり話合われても良いでしょう。相手も調停になれば長引くので譲歩するかもしれません。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問