JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4610
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

5階建て12室のワンルームマンションを経営しております。過日3階の一室から水漏れがあり、2階の和室に相当量の水が

解決済みの質問:

5階建て12室のワンルームマンションを経営しております。
過日3階の一室から水漏れがあり、2階の和室に相当量の水が落ちました。
原因は3階給湯器配管破損による水漏れと判明し、修復費用は保険で賄いました。
相談は2階借り主から1ヶ月分の家賃免除(7万円)と、礼金(21万円)の戻しを
請求されていることです。
水漏れ中はブルーシートを敷き、畳も濡れていませんし、家財も損傷はありませんでした。
また水濡れ修繕期間(3日)ホテルを用意し、宿泊費用も出しました。
布団も濡れてはいませんでしたが、新しい物を用意し、和室カーペットも敷き替えました。
借り主用火災保険に入ってもらっていましたので、家電製品は保険が降りると聞きました。
当方としては被害にあった家財道具の品名・購入価格・購入年月を教えてと言っているのですが、「いちいち覚えていない」「水に濡れたものはつかいたくない」ということで
1ヶ月分の家賃免除(7万円)と、礼金(21万円)の戻しを請求されています。
こういう場合、どこで折り合いをつけるのか、ご相談に乗ってくだされば幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sanaek-mod 返答済み 1 年 前.
こんにちは。カテゴリモデレータの 小林 と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つけるには、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください。回答が投稿されない場合の対処法などヘルプページでご案内しておりますのでご参照ください。
質問に回答が投稿されなかった場合はどうすればいいですか。
http://ww2.justanswer.jp/ja/help/what-if-no-one-answers-my-question-hl
質問の取り消し方法について
http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-can-i-cancel-my-question-0
サイトの仕組みについて
http://ww2.justanswer.jp/ja/how-justanswer-works
質問者: 返答済み 1 年 前.
(質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、給湯器の配管が破損すると言うのは、給湯器のメーカーの問題か、それを設置した工務店等の問題があるかもしれませんが、2階の賃借人に何ら過失が無ければ、それなりの損害賠償は必要です。水漏れの状態が、和室だけにあったのであれば、そこの修繕や弁償になると思いますが、一般的には物損ですから、原状回復で構わないので、家財道具や家電等を中古価格で判断します。水に濡れたものは使いたくないからと、新品を補償する必要はありません。また、保険がおりるのに、要求するのは、不当利得とも言えます。とりあえず、家財道具等の使用年数も損害賠償の時に必要なので、確認はした方が良いでしょうが、それらは、捨ててしまったのでしょうか。現状、部屋を1か月間使えなかった訳でないなら、1か月の家賃の免除に応じる必要はないでしょう。礼金は今は、あまりないシステムですが、返す必要のないお金なので、応じる必要はないでしょう。あくまで、損害賠償にのみ応じて、もめるのであれば、民事調停を申し立てて司法に任せるしかないと主張されても良いでしょう。
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4610
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答有難うございます。修繕費用は当方で全て負担しており、家電製品も借主保険で賄えるとのことです。家財道具についても多少水はかかりましたが、現状使用出来る状態ですし、捨てられてもいません。和室のカーペットや照明、布団も新品に交換させていただきました。こちらの見解としては家財道具の損傷は無いと考えます。先方の要求はおそらく「迷惑料」ということだと思いますが、これが判断しかねます。

法律 についての関連する質問