JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
70981215
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

セクハラの加害者上司に内容証明で慰謝料20万円請求、会社に使用者責任で労働局から慰謝料20万円請求したら、会社が加害

解決済みの質問:

セクハラの加害者上司に内容証明で慰謝料20万円請求、会社に使用者責任で労働局から慰謝料20万円請求したら、会社が加害者上司への慰謝料請求しなければ会社が使用者責任で20万円払うとの回答を今日受けました。
会社が加害者をかばってるようにしか思えません。
このまま会社から20万円受け取って和解した方がいいのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 社会保険労務士、セクハラ・パワハラ防止コンサルタントのsrlee7208 と申します。回答させていただきます。 セクハラの被害を受け、加害者の上司に慰謝料20万円を請求し、会社にも20万円請求したところ、会社から加害者への請求をしないことを条件に20万円支払うという回答を受けたのですね。このままでは加害者の行為が不問に付されることになり、納得いかないお気持ちかと推察いたします。 問題を早期に解決するために、会社のいうとおり、会社側だけから20万円受け取って和解するという方向性もありえます。和解が早ければ早いほど、ご質問者様がさらに傷つく可能性も少なくなりますので、これもひとつの選択肢です。このような選択をしたとしても、敗北感を抱く必要はなく、現実的な判断をなさっただけ、というふうに受け止めればよいかと思います。 問題は、それではすっきりしない、セクハラを受けた苦しみが癒やされないと感じた場合です。 ご質問者様が、加害者をどの程度罰したい気持ちがあるかどうかが、判断の分かれ目になると存じます。 上司が内容証明での請求に応じない場合は、少額訴訟に移行することになります。通常の民事訴訟に比べて、簡易な手続きではありますが、やはり原告側には精神的・金銭的な負担もあります。 法律的な手続きと並んで、加害者上司が会社内で懲戒を受けることを望むかどうか、というのも、判断のポイントになります。 セクハラ行為が繰り返されなければそれでよいのか、加害者が懲戒を受けることを望むのか、さらに法律的に裁かれる(損害賠償を支払う)ことを望むのか、ご質問者様がご自分の気持ちについて整理し、どこまでを希望するのかをご自分で線引きなさるのが、まずは必要なこととなります。正解はない問題ですので、ご質問者様が、ご自身の気持ちと向き合ってご判断下さい。 この回答に不明な点があれば、ご返信をお願いします。もし、ご満足なさった場合は、評価をお願いいたします。どうもありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。私は会社に対して、加害者上司擁護の条件を外しての使用者責任で慰謝料請求、
加害者上司に対して、謝罪、社会的制裁、慰謝料請求を希望します。労働局に会社から慰謝料を受け取るのか、調停にするのか返事をしなくてはいけません。少額訴訟にする場合には加害者上司にいくら請求出来ますか?
また、費用はいくらぐらいかかりますか?調停にしても会社は条件を変えないと言っています。
会社が加害者擁護の条件を変えないのであれば、調停をしても意味はないのでしょうか?
調停にせず、少額訴訟で加害者上司からだけに慰謝料請求をした方がいいでしょうか?
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ご質問者様のご意向ははっきりしていらっしゃるんですね。 会社側が態度を変える見込みがないと思われれば、必ずしも労働局で調停してもらう必要はありません。労働局経由の解決が思わしくなければ、会社に対しては、裁判所で「労働審判」を申し込むこともできます。http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/ 会社には労働審判、加害者には少額訴訟ということもでき、調停を断ったからといって、これ以上会社に請求できないということはありません。 また、少額訴訟は、60万円以下の金銭の支払を求める訴訟で、簡易裁判所で1回のみ審議を行います。つまり、加害者に対する請求額が60万円以下であれば少額訴訟、それ以上の場合は、通常の民事裁判ということになります。 少額訴訟にかかる費用は、ご自分でなさる場合は印紙代や用紙のコピー代です。1万円あれば足りる場合が多いでしょう。http://www.courts.go.jp/saiban/tesuuryou/index.html 弁護士に依頼することもできますが、弁護士費用はまちまちで、はっきりわかりかねます。よくあるパターンは下記のような感じです。・依頼前の相談料(1時間5,000円から1万円程度)・着手金(請求額の 10% 程度)・成功報酬(請求額の 15%から20%程度)・印紙代など この回答に不明な点があれば、ご返信をお願いします。もし、ご満足なさった場合は、評価をお願いいたします。どうもありがとうございました。 まずは、法テラスでご相談なさってはいかがでしょうか。
srleeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
プラス評価をいただき、まことにありがとうございます。今後とも、なにかお困りのことがありましたら、またご質問下さい。できるだけお力になりたいと存じます。

法律 についての関連する質問