JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先月の事ですが、追加工事を含め193万の請求をしたところ支払いを後らされ月末になってしまい、今月お金を必要なら100

質問者の質問

先月の事ですが、追加工事を含め193万の請求をしたところ支払いを後らされ月末になってしまい、今月お金を必要なら100万にしてくれとの事で、私も支払いをしなくてはならないため余儀なく承諾をして100万だけ受け取りました、その際に念書を書かされました、背に腹は代えられないため泣く泣く承諾したのですが、残りの93万は請求できないのでしょうか。
193万の請求額は決して高いものではなく、実質かかっただけの人工と材料代だけなのです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、なぜ、相手がそのような強気なのでしょうか?193万円を月末に支払わないといけないのに、100万円に割り引けとは図々しいにも程があります。とは言え、民法の場合は、口約束でも契約は成立します。また、争う場合は、契約書などの書面が必要となります。そう言う意味では、減額に応じたのは問題でした。契約するなら、分割での支払いを認めると約束すべきでした。ただし、背に腹は代えられないと言う人の弱みをついて強要したとも言えますので、脅迫による、契約は取消と言えますし、ある意味そんな無茶な話は無いと言うことであれば、公序良俗違反で無効と言えます。今回のような暴利行為は不法行為と言えますから、契約の無効を主張して、残金を返済してもらうことです。契約の無効は、内容証明でされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、民事調停を申し立てると主張します。相手がすぐに返せないのであれば、公正証書で分割して支払う金銭消費貸借契約書を作成すると、未払いの場合に強制執行が可能です。また今回のケースは、裁判等にすれば、債務名義は取れると思いますので、強制執行は可能になると思います。頑張って下さい。

法律 についての関連する質問