JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1058
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

職歴詐称がばれました。懲戒免職はもちろん、損害賠償なども請求されるのでしょうか?

質問者の質問

職歴詐称がばれました。懲戒免職はもちろん、損害賠償なども請求されるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
職歴詐称があれば必ず懲戒解雇が有効になるかというとそうではなく、懲戒解雇は認められないこともあります。職歴詐称には程度がありますので、重大な職歴詐称であるほど懲戒解雇が有効となる可能性は高くなります。重大な職歴詐称についてですが、経歴詐称が事前に分かっていれば、会社がその労働者と契約を締結しなかったか、少なくとも同一条件で契約を締結しなかったと認められ、かつ客観的にみてもそのように認めるのが相当な場合をいいます。会社が採用の際、欲しい職歴を持った人を採用の基準にしていた場合などは懲戒解雇が有効となる可能性が高まります。逆にあまり専門性を有しない業務の場合は、職歴は重大な採用基準にならないので懲戒解雇が無効となる可能性が高くなります。損害賠償請求を会社がしてくることはかなり少ないです。また損害賠償請求が認められるケースも少ないです。仮に会社が損害賠償請求をしてきたとしても払わなくて良いケースの可能性もありますからすぐに支払いに応じず、弁護士事務所に事案の内容をよく見てもらうのが良いでしょう

法律 についての関連する質問