JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

はい、本日、弁護士から手紙が来ました。私は犬の繁殖をしてるブリーダーです。

解決済みの質問:

はい、本日、弁護士から手紙が来ました。私は犬の繁殖をしてるブリーダーです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 1 年 前.
1月に私に愛媛から「フランス原産のバセットフォーグブルターニュ」という犬を輸入したいとの話があり、フランスには友人がいますのいで、早速、探して差し上げ、報告、先方も気に入って、契約書を交わしました。契約内容は生体につきキャンセル、返品などはできません。ということ、契約者が飛行機が乗れないというので、私が行くことになっていた、フランスのブリーダーとの契約は引き取りに行くのは私なので、私になっていました。全て了解済みです。
2月の中旬に躁鬱病になったから飼えない、キャンセルするという話になり、私はお金は返りませんがよろしいですか?とメールのやり取りをし、構わないということで、キャンセルを受けました。先方に送った契約書を破棄するので送って欲しいということで送ってもらい、私は破棄し、そのこうを契約者に伝え、全て終わったと思っていました。本日、代理人という弁護士から、返金して欲しいとの書類が届きました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
目の前で犬を飼えといったわけでもありませんし、こちらは本当に大変な思いをしてヨーロッパのブリーダーにコンタクトを取り、迎えに行く準備をしようとしてた矢先のキャンセル。いくら自分が病気になったとて、あまりにも無責任だとは思いましたが、なにも言わず、承知して約束通り、書類も破棄したのです。それなのに、お金を返せとはあまりに納得できません。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お困りのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、相手の言い分は躁うつ病だから飼えないと言うことでしょうか?1月の話ですから、2月の中旬では、クーリングオフも何も無いと思いますし、仮に、購入の契約をして、その後に病気になったのであれば、それは相手の勝手な都合と言えます。また、購入時に躁うつ病で、判断能力が無かったと言う主張なのでしょうか?相手側の言い分が、単に飼えないと言うことでキャンセルしたいと言うのであれば、合意によるキャンセルの対応になりますから、キャンセル返品は出来ないと契約書に署名捺印でもされているのであれば、応じる必要はありません。百歩譲って、当時、躁うつ病で判断能力が無いと言うのであれば、それを診断書等で証明してもらう必要があります。診断書は要求すべきです。また、本来は契約でキャンセルは出来ないとされていますから、応じる必要はないですが、かかった必要経費は引いて返金してもトラブルを避けるには有かもしれません。返金自体は、ご相談者様の温情ですし、キャンセル料として一般的に客観的な判断で出来る損害の請求はされても構わないでしょう。ただし、弁護士の先生にご依頼される位ですから、相手も費用がかかっているので、簡単には引き下がらないと思いますから、いくらかは返金するということで示談されても良いでしょう。キャンセル料の裁判の場合、実際の損害がどうかと言う判断になり、損害に対してキャンセル料が高いと問題になることはあります。ある程度の額を示して、示談して、もうこの件は終わりと示談書を書いてもらった方が安全でしょう。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。相手が当時病気だったとしても、母親も私にメールをくださり、心配事を書かれていましたが、渡しが丁寧に説明した結果、よろしくお願いいたしますと言ってきています。フランスのブリーダーはキャンセルの場合は返金しないと言われて書かれており、犬代金、フランスの友人のコミッション、私のコミッションプラスキャリー代金及びブリーダーさんの交通費をいただきました。弁護士さんは「いささか」という言葉を使い、強くは言いだしていません。また、小田原と愛媛、メールと電話とうの契約になりました。アメリカと違いヨーロッパのブリーダーさんから犬を譲っていただくのは並大抵なことではなく、私の信用問題です。フランスとのやり取りや翻訳等のお金すら請求していませんでした。
日本で1匹もいない犬を欲しいと言われて、どこにも相談できないと言われ、それではお力になりましょうと動いたのに。こんなことをされるとは夢にも思っていませんでした。キャンセルのこともいろいろ飼えないかと言いましたし、何より、自分が決めて、名前まで決めて、自分は飛行機が乗れないから(怖い)迎えに行ってくれと、、おまけに羽田まですら来れないと言われ、愛媛までその日に送ってく約束までしてたのです。契約書を送り返してきた時に契約者は「これで終わりにしましょう」と自分から書いてきたんですよ?

法律 についての関連する質問