JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4917
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

20年前に両親が売りに出していた中古住宅を不動産業者を通して買いました。なかなか売れなくてその当時家を壊すのに140万く

解決済みの質問:

20年前に両親が売りに出していた中古住宅を不動産業者を通して買いました。なかなか売れなくてその当時家を壊すのに140万くらいかかるといわれ、200万くらい値引かないと売れないと業者の方から言われていました。それで、値引いた価格で売買契約をして買いました。その時の200万は生前贈与になりますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、そのことは20年前の出来事と言うことでしょうか?税務署から何か指摘が有ったのでしょうか?既に贈与による不動産の所有権移転登記はされているのでしょうか?不動産を親族間で贈与する場合、実勢価格よりも低い価格で売買すると、低額譲渡として「みなし贈与税」がかかる場合がございます。お話からは、不動産屋からの指摘で値引きを打診されているのであれば、実際価格が200万円低いと判断も出来ます。正確には、不動産鑑定士の先生にご依頼しないと実勢価格は出ないと思いますが、低額譲渡は、実勢価格の2分の1以下等の相当低額の場合にみなし贈与税がかかると思われますので、実際の支払った価格がいくらかは、わかりませんが、2分の1以下などの極端に低額で無ければ、問題は無いと思われます。20年前だと、相続時精算課税も利用できないので、当時、贈与税を支払ってないのであれば、特に問題は無いのかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のご返答ありがとうございます。不動産鑑定士も同席の上で、1個人として、主人が購入しました。1600万を1400万で購入しました。私の妹は、そのお金のうちから、300万もらいました。その時に、200万は同じように、生前贈与だといってましたが、私は、納得しないままいまにいたりました。ってってつて
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。その当時、1600万円が1400万円では、低額譲渡とは言えないかもしれません。妹様は、300万円をもらって贈与税は支払っているのでしょうか?生前贈与として、特別受益の持ち戻しか何か考えているのでしょうか。そのお話が、出ると言うことは、ご両親様の相続が起きていると言うことでしょうか。相続と言うことで、もめている場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停を申し立てると良いかもしれません。不動産鑑定士の先生が入っていれば問題は無いと思われます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。父がなくなり、母は、寝たきりになりました。今、相続問題はでてませんが、将来出て来るかと思います。長女の私が、養子縁組をして家をついでましたが、離婚して今再婚しています、家督をつぐものは、今現在、息子が家を次ぐということで、呼び戻されてますが、父がいつも後をつがせると、いっていたのに遺言書を書いてませんでした。ノートには、しっかりとその気持ちが書いてありますが、意味がないと妹は言います。もめたくはないと思っていますが、将来は、墓など息子が守っていく事になるので、私としては、複雑です。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
追加のお話から、確かに、民法の規定に則った遺言書以外は、遺言としての効果はありません。とは言え、エンディングノートや日頃の口約束でも、その方の意思があったとも言えますし、民法は口約束でも成立します。ただし、争う場合は、証拠が必要となります。妹様はそこまで言うのであれば、争う気があると言うことでしょう。最低でも、お母様に遺言を書いてもらうようにされた方が良いでしょう。遺言書は、公正証書遺言で作成すれば安全です。公証人は出張して作成もしてくれます。最近は、家庭裁判所も特別受益はあまり考えないので、ご相談者様側に余分に生前贈与しても問題は無いと言えます。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問