JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

アパートの更新の際に契約書を確認したのですが、「借主は貸主に賃料を一ヶ月でも滞納した場合、貸主は何らの催告を要せずし

質問者の質問

アパートの更新の際に契約書を確認したのですが、「借主は貸主に賃料を一ヶ月でも滞納した場合、貸主は何らの催告を要せずして契約を解除し、借主は即時貸室を明け渡すものとする」や「退室の際に入居期間にかかわらず畳襖などは貸主借主折半で取り替える、室内クリーニング費用およびエアコン洗浄を借主が全額支払うものとする」の項目があるのですが、これは有効な契約内容なのでしょうか?
もし有効でない場合、契約書を更新しない方が良いのでしょうか?
もう更新期限が近いのでどうしていいのか困っております…。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。特定行政書士です。よろしくお願い致します。いずれの条項も契約当事者双方が合意したのであれば「有効」と考えますが、いずれの条項もご相談者様に「不利」なものである事は間違いありません。当初の契約に無い条項が更新時に増えているというのであれば、その条項の削除や修正を求めて、先方がそれに応じるようなら更新すればよいですし、そうでなれければ更新せずに退去を選ぶ事をお勧め致します。この点について何かご不明点ございましたらその旨ご返信ください。以上ご参考頂ければ幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
再投稿:その他.
想像していたのと異なった回答だったため。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
司法書士です。代わって回答いたします。「借主は貸主に賃料を一ヶ月でも滞納した場合、貸主は何らの催告を要せずして契約を解除し、借主は即時貸室を明け渡すものとする」上記の条項ですが、裁判例では1ヶ月の滞納のみで契約を一方的に解除することは認められていません。1ヶ月の滞納では貸主と借主の信頼関係が破壊されたとは言えないからです。したがって、上記の条項を契約書に記載しても借主に一方的に不利な契約であり、消費者契約法10条によって無効を争うことができるとなり考えられます。また、現状回復に関しては、室内クリーニングについては料金を提示している限り、お互いが納得した上で契約した場合には借主の負担とすることができるというのが裁判例の傾向となっています。それ以外の畳、襖にかんしては借主が故意に破損させたのではない限り貸主の負担で現状回復させるべきです。したがって、「退室の際に入居期間にかかわらず畳襖などは貸主借主折半で取り替える」の部分は借主に一方的に不利な契約なので、これも消費者契約法10条により無効と考えられます。質問者様がその契約書で更新したくないならば、その点を指摘して更新を拒否しましょう。
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験: 東京司法書士会所属
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございました。
残念ながら短期間ながら更新する必要があります。
しかも更新まで日数がないため、契約書を送付しないといけない状況です。
また、契約者が私自身ではなく代理で契約してくれた実弟になります。
私は居住士はという立場です。
契約更新後、実弟に迷惑をかけずに何らかの申し立てができるのでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
その内容で更新したくないなら、契約書を送付しないという手段もあります。契約の更新期日が過ぎても「借地借家法」により「法定更新」が適用れますので、今まで通りの条件で住み続けることができます。その間に貸主と借主が話し合いをして、納得のいく契約書を作成するという流れになります。質問者様は弟さんを通して、契約条項のうち借主に一方的に不利な条項は無効であることを主張して、ふさわしい契約書を作成するように要求しましょう。

法律 についての関連する質問