JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4912
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

長男の親の預金使い込みに関する質問です。私は次女です。 不法行為を知ってからの時効が半年後です。勝てる見込みはあり

質問者の質問

長男の親の預金使い込みに関する質問です。私は次女です。
不法行為を知ってからの時効が半年後です。勝てる見込みはありますか?
・母はH10年、父はH25年に死亡。
・H17年に父の預金4300万円を銀行カードを使って、長男が引き出していた。
・父の死後、長男は相続放棄し、連絡を拒否した。
・H25年に銀行の取引記録から引き出しの事実を突き止めた。
・長男は、二人の娘の海外大学留学費、私立大学学費に大半を充当したと思われる。
・長男は、弁護士をたてており、直接連絡することは拒否している。
不当利得の10年事項はオーバーしていますが、不法行為で訴訟を起こして部分的にでも返金させることは可能でしょうか。泣き眠いりでしょうか?(相続放棄後の遺産分割で遺留分相当ははもらっています。)
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。お話から、訴訟等で争う場合は、証拠が必要となります。銀行の取引記録があると言うことですが、実際に引き落としたのが長男様かどうかはっきりしないといけません。長男様のお子様の留学費用等がりますが、それはどう捻出したのか確認する必要はあります。最大の証拠は、自白になりますので、まずは、相手に事実確認をしてはっきりさせることです、まずは、内容証明で、事実確認をして、書面等で報告させます。最終的には、民事調停等を申立てて、司法の場で白黒つけた方が良いかもしれません。不法行為と言うことであれば、まだ時効とは言えませんので、すぐにも対応することです。調停等を申立てれば、時効は中断します。先に調停を申し立てて、相手が、返還に応じたら、取り下げるでも良いかもしれません。頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。長男の取引記録はあります。海外留学の記録もあり平均的な費用もわかっています。父の意志に基づき行ったと主張されたらどうなるのでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。確かにそこが問題です。生前贈与だと言う可能性もあります。ただ、そうなら、贈与税を支払っているのかと言う指摘が可能です。年間110万円超えは贈与税が発生します。また、当時、お父様にそう言う判断能力があったかもポイントになります。勝手に引き落とすことは、親子でも出来ません。引き落とすなら委任状が必要です。そのあたりも付いていきましょう。それと、申し訳ありませんが、前回のご質問の評価をしていただておりませんので、よろしくお願い致します。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。もう一つ質問です。不法行為を知ってから今年の7月で3年になります。これまでに民事調停を申し立てれば良いでしょうか?7月を過ぎたら時効でしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
時効の中断をすることで、時効は振り出しに戻ります。その場合は、訴訟等を時効までに申立てるか、時効間際の場合は、内容証明で催告すれば6か月間延長できますが、その間にやはり訴訟等をしないといけません。今年の七月ぎりぎりに催告すれば、また6か月は延長は出来ます。民事調停でも時効の中断は可能です。とは言え、早目の方が良いでしょう。手続き等の準備をしていると意外と時間と労力がかかります。頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。早めに対応することにします。ただ、不法行為の発生から20年の排斥期間との違いは何でしょうか?7月を過ぎても大丈夫なのでしょうか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
不法行為の除斥期間は、20年です。消滅時効は、裁判等起こせば時効が中断しますが、除斥期間は、中断が無いとしています。ただし、判例で特別な場合は認められます。事件が平成17年なので、除斥期間は問題はありません。裁判に入っていれば、消滅時効の方は、延長されます。除斥期間は進行しますが、とにかく7月までにさせれば、時効は中断させることが出来るでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。お世話になりました。不明なことが出てきたらまたお願いします。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。長男の取引記録はあります。海外留学の記録もあり平均的な費用もわかっています。父の意志に基づき行ったと主張されたらどうなるのでしょうか?

法律 についての関連する質問