JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

長男の親の預金使い込みに関する質問です。私は次女です。 ・母はH10年、父はH25年に死亡。 ・H17年に父の預

解決済みの質問:

長男の親の預金使い込みに関する質問です。私は次女です。
・母はH10年、父はH25年に死亡。
・H17年に父の預金4300万円を銀行カードを使って、長男が引き出していた。
・父の死後、長男は相続放棄し、連絡を拒否した。
・H18年に銀行の取引記録から引き出しの事実を突き止めた。
・長男は、二人の娘の海外大学留学費、私立大学学費に大半を充当したと思われる。
・長男は、弁護士をたてており、直接連絡することは拒否している。
不当利得の10年事項はオーバーしていますが、不法行為で訴訟を起こして部分的にでも返金させることは可能でしょうか。泣き眠いりでしょうか?(相続放棄後の遺産分割で遺留分相当ははもらっています。)
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
不法行為責任に関する時効は、知ったときから3年です。>・H18年に銀行の取引記録から引き出しの事実を突き止めた。とのことですから、ご質問を拝見する限り、相手が時効を主張すれば請求をすることはできないと考えられます。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
済みません。H25年6月の父の死後に事実を突き止めましたので、H18ではなくて、H26の間違いでした。銀行への取引記録依頼と回答はとして、H25年7月になります。そうすると、今年の7月までは不法行為で請求可能ということでしょうか?
済みませんがもう一度ご検討お願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
済みません。H25年6月の父の死後に事実を突き止めましたので、H18ではなくて、H26の間違いでした。銀行への取引記録依頼と回答はとして、H25年7月になります。そうすると、今年の7月までは不法行為で請求可能ということでしょうか?
済みませんがもう一度ご検討お願い致します。

法律 についての関連する質問