JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

自身の不貞行為(2007年~2009年8月頃)により、その後2009年10月頃より別居、現在も婚姻関係が続いています

質問者の質問

自身の不貞行為(2007年~2009年8月頃)により、その後2009年10月頃より別居、現在も婚姻関係が続いています。子供3人(10歳、12歳、14歳)がおり、現在は妻と同居中。月20万円の養育費を支払っている状況です。
妻は、自身や子供の世間体から離婚に消極的な状況です。
自身の側に離婚事由がある場合、こちらから離婚を申し立て成立させることは可能でしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それはいろいろお悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、不貞行為をされた有責配偶者であっても、双方が合意すれば、協議離婚は成立します。ただし、奥様が同意しない場合は、協議離婚は出来ませんし、有責配偶者からの離婚要請は出来ません。仮に有責配偶者からの離婚要求が認めれるのは、以下の条件をクリアする場合です。1、長期に渡る別居期間がある。判例では6年程度。家庭内別居ではだめで、物理的な別居が必要。2、未成熟子(未成年の子供)がいない。状況によっては考慮されない。3、配偶者に十分な補償をする。の3点になります。そう言う意味では、別居がポイントとも言えます。また、不貞行為が発覚した時点で、慰謝料等を支払いすべてが解決していれば、宥恕(ゆうじょ)と言って、もうそのことは蒸し返せず。その他の離婚理由があれば、離婚も可能とは言えます。とりあえず、離婚条件を提示して、応じれば、公正証書で、離婚協議書を作成すれば、離婚後のトラブル予防になります。応じない場合は、家庭裁判所の離婚調停を申し立てるとことです。家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼される必要はありません。基本的に、女性の場合は、離婚後の経済的な問題が解決しないと、離婚に応じない状況が多いと言えます。その辺りを解決するご提案をされた方が良いでしょう。頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございました。
有責配偶者からの離婚要求が認められる条件について、確認させて下さい。
条件1~3について、まず、2についてどのようなケースでは考慮されないのでしょうか。
また、3についてどの程度の補償が必要でしょうか。年収などによっても違うかと思いますが、考え方や目安について教えて頂けますでしょうか。1、長期に渡る別居期間がある。判例では6年程度。家庭内別居ではだめで、物理的な別居が必要。
2、未成熟子(未成年の子供)がいない。状況によっては考慮されない。
3、配偶者に十分な補償をする。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。2は、ある程度大きな子であれば、手もかからないので、母親も仕事に出れるでしょうから、金銭的な問題になります。小学校高学年程度なら問題は無いかもしれません。また、ご相談者様が引き取るのであれば、更に問題は無いかもしれませんが、普通は、奥様が親権を取りたがります。いずれにしても、夫婦関係が破綻していれば、考慮がされない場合もあります。3に関しては、ケースバイケースです。専業主婦であれば、仕事を始めるまで、扶養的財産分与をするなどです。長くとも1~2年でしょうか。慰謝料と言う形で、住む家を要求されることもあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
ご回答から、基本的な考え方として、妻と子が一般的な生活を営むことができるのであれば、離婚要求ができるように読み取れました。
幸い、妻には妻名義の持ち家があり、また収入もあるので、私からの養育費と合わせて十分に生活できる状況にあります。
このような場合、離婚要求できると考えてもよいでしょうか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
奥様が、生活が出来るめどが立てば離婚に応じるかもしれません。その前に別居を再度されて本当に離婚するんだと思わせた方が良いでしょう。頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
最初の質問時に、誤解を生む記載をしていたことに、今気づきました。同居しているのは、妻と子3人の意味で、私とは2009年9月から別居状態が続いています。いずれにしましてもアドバイス、ありがとうございました。おかげさまで基本的な考え方が理解できました。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。別居が長期に渡っているようなので、離婚の可能性はあると思います。頑張って下さい。

法律 についての関連する質問