JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4702
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

どこまで、どうしたら良いのかが分からなくて… 昨年、主人が新車で大型のトラックをリースで買いました。自営業で林業を

解決済みの質問:

どこまで、どうしたら良いのかが分からなくて…
昨年、主人が新車で大型のトラックをリースで買いました。自営業で林業をしています。
トラック納車から10日位で排気ブレーキの効きが悪いのでサービスに見てもらったところ異常がないとのこと…
しかし林業ですから山道を走る事が殆ど…10トンからの伐採した木を積んで峠を下りるとき、後続車に迷惑ではありますが30キロ以下のスピードでないと怖くて走れない状態のまま使用していました。しかしやはりおかしいと数回にわたり出したのですが排気は効いていると…主人はサービスの人に構内ではなく実際、荷物を積んで峠を走ってみろと言っていましたがそれもしないまま2ケ月過ぎた頃、たまたま本社かどこか大きい所から転勤できたというサービスの方が荷を積んで峠を走って初めてやはりこれは排気の効きが弱く危ないと判明しました。
初めからブレーキの欠陥だったのです。
主人はいつも危険を感じ、ただただ事故にならないようにと神経を使って乗っていたようです。
事故が起きなかったから良かったのですが…
その間の営業所の対応は実にずさんなもので、特に支店長に至っては私たちの神経を逆なでるような事を言い「うちに非はない」と言い切り…その対応に怒りを感じた私たちは本社に話に行くと言うと、とうとう支社長が営業の者と支店長を連れて謝りに来る始末…
その時支社長は、新車に替えることは出来かねるので何とかこの車に乗り続けて、長いお付き合いをお願いします。という事でした。
私どもも1300万するトラックがそう簡単に新車に変わるとも思っていません。しかしながら、うちとしてもリースという買い方ではあるが、新車でありながら危険な車に乗り、サービスに出している間は同業者の知人からトラックを借りたのでレンタル料も発生しています。
(木材を運ぶトラックは荷台が特殊なのでレンタル会社からのレンタルは車がないのです。)
初めからの欠陥車に毎月20万弱のリース料ももう5回払っています。
細かい計算までは出来ないにしても木材の搬出量も何回かは少なくなっています。
出来ることはさせていただきますとのことでしたが、どこまでの請求が出来るでしょうか?
長々と失礼いたしました。どんな対応だったかも書きたいのですがあまりにも長くなってしまうので大体の事しか書けず残念です。
私どもに請求できる範囲はどの程度なのでしょうか?
あまり大げさにしたくはないのですが請求をする場合何か正式な書類などの作成等が必要なのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、リース契約は、トラブルの多い契約で、そもそも中途解約が出来ません。更にユーザに不利な瑕疵担保責任の免責の特約も認められている契約です。本来であれば、トラックの基本性能に問題があれば、瑕疵担保責任において、契約の解除や損害賠償請求が可能です。ただし、不動産や高額なものは、実務としては損害賠償請求だけになります。リース会社としては、リース契約で瑕疵担保責任の免責があると言う、不誠実な対応でしょう。ただし、リース会社自体は、サプライヤー(直接の売り主、ここでは自動車会社)に対しての瑕疵担保責任を追及は可能なのです。その権利をユーザー(ここではご相談者様側)に譲渡も可能です。権利の譲渡を要求するか、瑕疵担保責任で損害賠償請求を代わりにしてもらうか要求されると良いでしょう。その間はリース料を支払わないように、クレジット会社に支払停止の抗弁権を主張されると良いでしょう。要求は内容証明でされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手側に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。現在は、個人で対応されていますので、なめられている可能性があります。応じない場合は、民事調停を申し立てると主張します。頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速の返信ありがとうございます。この際ですからはっきり会社名を言いますと自動車会社はいすゞです。リース会社はいすゞの傘下のイスズシーリングです。
いすゞの対応の悪さに堪忍袋の切れた主人が「ブレーキの効かない新車に金は払えない」と言った時、営業がうちが解約をするといすゞシーリングに伝えたらしく、一度営業の者がシーリングを連れてきました。シーリングの方は解約となると残りの1300万と解約金を払ってもらわないと…と言う話をし始めたので、うちはまだ解約云々の話ではなく、まだいすゞとうちの話である事、何故このような事になったかの説明をしたところ「そうゆうことなんですか」と納得をしていただき、いすゞとうちの話を聞いておられました。先生の回答を読ませていただき主人と、とりあえず支社長にこちらの要望を話して、出来ないと言うなら弁護士または司法書士の方にお願いして、こちらの本気度を伝えようということにしました。
私共、これまで弁護士や司法書士の方に縁がなかったためこのような事は初めてで…何か色々難しそうですが頑張ります。
心が少し楽になりました。頑張れそうな気がします。
本当にありがとうございました。勇気を出して相談して良かったです。

法律 についての関連する質問