JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

内縁関係解消合意公正証書を作成する際に「子供の養育費の二重取りは出来ない」と嘘をつかれ慰謝料として公正証書に判子を押

解決済みの質問:

内縁関係解消合意公正証書を作成する際に「子供の養育費の二重取りは出来ない」と嘘をつかれ慰謝料として公正証書に判子を押してしまいました。
現在子供は母親の元を離れ、養育費としては使われておりません。その事を話そうとすると「慰謝料なのだから、あなたには支払う義務がある」「払わない場合は強制執行」と言い、取り合うつもりはなさそうです。「養育費の二重取りができない」というのは、アドバイスを受けてしたものだと言ったので、「それは誰なのか?」と聞いても教えてくれません。
この場合元妻でなく、現在兄と二人暮らしをしている娘にお金を渡したいのですが。どうしたら良いかと悩んでいます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、養育費の二重取りと言うのがどういう事なのかご不明ですが
分かる範囲でご回答致します。
養育費では無く、慰謝料と言うことで支払っていると言うことでしょうか?
養育費は、増減が出来る債権なので、途中で額の変更も可能ですが
慰謝料は、その額を支払うと言うことで決めてあるので、額の変更は、合意が無ければ出来ません。
確かに、公正証書の場合は、未払いがあれば、すぐに強制執行が可能です。
強制執行を辞めさせるには、相手の合意が得られないのであれば裁判しか方法がありません。
また、養育費は、使い道を限定することは法的には難しいと言えます。
ただし、元内縁の奥様の生活費では無く、当然、お子様達の養育費なのですから
子供達のために使っていないのであれば、問題とは言えます。
公正証書を作り直して、お子様に直接養育費を支払うことに決めるか
家庭裁判所の調停を申し立てて、支払方法を変えてもらうと良いでしょう。
家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問