JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2228
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

10年ほど前の借金なのですが、当時借りていたところはすでになくどうやらいくつかの、譲渡をへて知らないところから特別送

質問者の質問

10年ほど前の借金なのですが、当時借りていたところはすでになくどうやらいくつかの、譲渡をへて知らないところから特別送達という形で訴状が届きました、
訴訟金は18万程度ですが利息等で66万ほどになっているようです。
最終返済日から9年ほどたっていますので、時効の回避が考えられますがどういった対応がのぞましいのでしょうか
もちろん、できるだけ返済の意識はあるのですが年月も経っていますのでできる限り最良の方法を模索したいと思っています。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
質問者様の意見の通り、お金を借りたところが消費者金融や信販会社であれば、最終返済日から5年で時効が成立します。
したがって、時効の援用をすれば債務は消滅します。
消滅時効を主張するためには、相手に対して借金があるということを認めないことです。
つまり、「借金を返済する義務は時効によって消滅しています」ということを主張することが重要です。
訴状が届いたということは、訴訟されたということです。答弁書を裁判所に提出しなければ相手の主張がそのまま認められてしまいますので、きちんと答弁書を提出しなければなりません。債務の消滅時効を援用するためにも、法的に有効な主張を答弁書に記載する必要があります。
司法書士に依頼すれば有効な答弁書を作成してくれます。質問者様はそれを提出するだけで十分ですので、司法書士に訴状を見てもらって、答弁書を作成してもらうことをお勧めします。費用も1、2万円くらいでしょう。
不明な点がありましたら補足しますので返信してください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答ありがとうございます。
少し放置しすぎていたので、あまり時間的余裕がないのですが、どういったところにお願いするのが良いのでしょう?
こういったことはあまり経験もなく、身近で頼みづらいということもあります。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
>どういったところにお願いするのが良いのでしょう?
→お近くの司法書士事務所に行ってください。どのように探せば良いかというと、
「愛知 質問者様の住んでいる地域 司法書士」と検索すれば質問者様の住んでいる近くの司法書士が見つかります。
ホームページを見て裁判関係書類の作成をしている司法書士事務所を探しましょう。
その事務所に電話して、すぐに答弁書を作成して欲しいと依頼してください。
早めに行動することをお勧めします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
回答を閲覧後は下記の署名欄の対応をお願いいたします。

法律 についての関連する質問