JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4974
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

実家の、父と再婚した義母のことについてです。 二年前に実の母が亡くなりました、で、以前から 父と知り合いだった義

ユーザー評価:

実家の、父と再婚した義母のことについてです。
二年前に実の母が亡くなりました、で、以前から
父と知り合いだった義母と、それから二ヶ月くらいで
再婚しました。
ただ、再婚してから、何かと父のビジネスに、夫人として
同席することが多く、父は言いなり状態です。また、今は
わが実家はある人から借りているのですが、その家をいつ
売るかなど、何かとその人が仕切るように、、父も高齢なので
何年もこの先元気でいるとは限りませんが、この義母が資産など
を全部持っていきそうでなりません。
今から何とか、対策は出来ないでしょうか?
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お父様が高齢者のようですので、所謂、熟年再婚と思いますが
熟年再婚の場合は、連れ子などの相続問題が多く起きているようです。
そのため、相続権が無い内縁関係で留めて置く場合もあります。
今回は、再婚されていますので、当然、義母様に相続権があります。
配偶者の法定相続は2分の1になります。
仮に、義母様に連れ子がいて、連れ子とお父様が養子縁組をすると
その分、相続人が増えて、ご相談者様の相続分が減ることにもなります。
完全に、義母様から相続権を奪うためには、家庭裁判所に、「生前の遺留分放棄」を
申立てる必要があります。生前に相続放棄は出来ませんし、相続放棄の生前の約束は
無効となります。
その上で、遺言で、すべて、ご相談者様に相続させるとすれば、
義母様は何も請求できないことになります。
単に、生前の遺留分放棄をしないで、お父様が遺言を作成しても遺留分が残ります。
義母様の遺留分は、4分の1となります。
本来は、再婚する前に、生前の遺留分放棄をすることを条件に再婚を約束させて
おくと良かったのですが
今からでも働きかけはしましょう。
少なくとも、お父様に公正証書遺言だけは作成しておいていただきましょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。公正証書遺言を、
作成してもらおうと思います
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
そうですね。生前の遺留分放棄が難しい場合は、更に、生前贈与も
継続的にご相談者様にしていただくと良いでしょう。
少しでもお役に立ちましたら、評価をしていただけると助かります。
よろしくお願い致します。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問