JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

商品の不良品クレーム時効期限を教えて下さい。(売り主) 売買契約書にこの件に関する契約条項は有りません 納品され

解決済みの質問:

商品の不良品クレーム時効期限を教えて下さい。(売り主)
売買契約書にこの件に関する契約条項は有りません
納品された日は平成24年6月23日(3年7ヶ月以前)
宜しくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、硝子製品がどのようなもので、どのような経緯で売却し
どのような不良品であったかがご不明ですので、分かる範囲でご回答致します。
製造物の損害賠償の場合、民法上の損害賠償と製造物責任法(PL法)に基づく
損害賠償責任がございます。
どちらも、損害及び損害の加害者を知った時点で3年が時効になりますが
除斥期間が、民法では20年、PL法では、10年となります。
つまり、既に売却から3年は過ぎていますが、損害が起きたのがいつかによって
時効が成立したとは言えない問題です。
例えば、損害が、売却か2年後なら、時効にはなりません。
民法の不法行為の場合は、ご相談者様側の過失を被害者が証明しないといけませんが
PL法の場合は、無過失責任となりますので、ご注意が必要です。
更に、輸入品の場合のPL法の損害賠償の責任は、実際には、輸入先の製造業者にあると
言えますが、実務としては、PL法は、製造業者等と有り、この等には輸入者も含まれ
ご相談者様も法的には責任を問われます。
輸入先の製造業者とこの件の補償問題も輸入契約の時にしておくべきかもしれませんし
当然。その製造業者に損害賠償した額を求償は可能です。
ただし、海外とのトラブルなので、難しい問題とは言えます。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問