JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

10年以上前に連帯保証人になった事がありました。連絡が無くなって5年以上経過していたのに、信用金庫から、返済方法の提

解決済みの質問:

10年以上前に連帯保証人になった事がありました。連絡が無くなって5年以上経過していたのに、信用金庫から、返済方法の提示が、なければ債権譲渡の検討に入るとの文書が届きました。時効にはなってなかったのでしょうか。当時1800万の金額でした。今回の債権譲渡予告通知には、現在1590万あまりとなってました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、連帯保証人と言うことは、債務者は別にいると思いますが
その方は、どうされたのでしょうか?
多分、信用金庫から商業的な融資を受けての返済の問題と思いますので
消滅時効は5年ですが、5年以上返済をしていなければ
消滅時効を援用することで、対応は可能と思いますが
気になるのは、返済額が少なくなっていると言うことは
債務者が一部返済をしてる場合もあります。
そうなると、時効が中断することもあります。
また、ご相談者様そのものの時効が成立する前に、本来の債務者が破産をすると
時効が中断します。
本来の債務者に確認をして、返済等無ければ、内容証明で時効を援用されると良いでしょう。
そうでない場合は、任意の返済方法を提示して行くことで、強制執行等を
避けた方が良いでしょう。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問