JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4917
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

職場以外付き合いのないスタッフから、退職後、個人的に起訴された場合 仕事以外の関係はないスタッフから、退職後、

解決済みの質問:

職場以外付き合いのないスタッフから、退職後、個人的に起訴された場合
仕事以外の関係はないスタッフから、退職後、ハラスメントを受けたと起訴されました。
業務上、スタッフ本人がハラスメントを多くの人に行っていたために懲戒されたことからの
逆切れだと思います。
この場合、個人であっても仕事場が対応してくれるのでしょうか。それとも個人的に職場で
雇用する必要があるのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

いつもご相談いただいまして誠にありがとうございます。

行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

お話から、退職後に起訴されると言うのは、ハラスメントをされたと言うことに対してでしょうか?

刑事告訴となると、名誉棄損罪か傷害罪が、ハラスメントでは考えられますが

いずれも、懲役刑もあるので明確な証明が出来ない限り刑事告訴を警察が

受け取るとは考えられません。また、その方が精神的に問題が有りそうであれば尚更です。

それが、民事であれば、慰謝料請求を民事調停等でいきなり対応してくるかも

しれませんが、その場合でも明確な証明がなければ請求は出来ませんので

裁判になっても難しいでしょう。

実際に、起訴とは、どのようなことがされたのでしょうか?

個人的にされた場合は、会社が証人として、意見書などを書いて

ご相談者様には問題が無いと指摘してくれる対応はあると思います。

とりあえず、会社の方に事情を説明された方が良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

会社の依頼にて、状況を整理し報告しました。

もともと会社で問題になっていましたから。

ですが、実際に戒告処分後、直に退職届が提出され、

自分がハラスメントを受けて退職させられたに話をすり替えています。ただ、本人が偽りを作って話をすることに良心の呵責はなく、平気で話を作り変えます。本当にそう思っているのだと思います。そのことからもきっと、平気で何なりかの措置はすると思います。

証拠はありません。会社側には、もちろん多くの書類をもって戒告処分を行っています。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

お話からは、精神的に問題がある方のようです。

そのような方の刑事告訴などを警察は、まじめに受け止めないので大丈夫です。

事実に反したことで訴えれば虚偽告訴罪もあり得ます。

基本的には、名誉棄損罪が成り立つ可能性もあるので、逆に訴えると言う手も

ございます。

法律 についての関連する質問