JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

一般住宅の建築請負契約の事について。 初めて質問させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 2

質問者の質問

一般住宅の建築請負契約の事について。
初めて質問させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
2013年9月30日、大手ハウスメーカーAと建築請負契約を結びました。消費税増税前の駆け込みでキャンペーンがあり「絶対お得だから」と勧められたためです。じつはその少し前、私共は別の中小建築会社Bと訳あって契約解除したばかりでした。得だと言われても土地も探さないといけないし、契約解除したばかりだし、新しい土地に新しい家を早く建てたいという気持ちはありましたが「もう失敗したくないのでそんなにあわててAさんとは契約できません」と言いました。
が、結局は(今思えば)Aの押しに負けて「現在の自宅の敷地に建て替え」という形にして建物の契約をしました。またこの時「この先に絶対にないとは思いますがこの契約をお客様のほうから破棄するような事態が起こったときには20万円で契約解除できます」という一筆をお守りとしてもらいました。
しかしその後Aは土地探しも積極的とは言い難い状況で(いつもこちらから連絡して催促しなければいけない)途中で担当者が代わった後は更に放置としか言いようのない状況になり、しびれを切らした私共は2015年12月に手付金50万円の返金をして白紙にして欲しいと伝えました。
そうすると担当者は「契約書では40万円の返金で解約はできます。」とさらっと言ってきたので「少なくとも20万円で解約できるはず。」と言いました。
そうでなくてもこちらは契約から2年以上も待たされて一向に家が建てられる状況にならず不便な毎日を過ごしています。ローンの支払い期間も短くなるし、もちろん消費税も上がってしまっています。キャンペーンもありません。他の建築会社に頼んでいればもっと早く新居に引っ越せていたのではないかと思うと20万円で解除できたとしてもなんとも釈然としない思いです。「お得だから」と言っていたのに結局こちらにとって得なことは何もなく20万円をドブに捨てるようなものです。時間もお金もその期間の不便な日々も返して欲しいぐらいです!
ただ、この間に積極的ではなかったもののAには何度か土地の紹介、プランの作成はしてもらっていますのでそこはどうなのか?
いろいろと思い返して考えていくうちにお得だと言われて食いついた自分にも相手にも腹が立ち、そもそも土地もないのに建築請負契約をするってどうなの⁉って思ったりして考えがまとまらまくなってきました。
専門家の方々、アドバイスいただければ幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、不動産契約の場合は、消費者契約法のクーリングオフの適応がないので
当初の契約書に従う形になります。
そのため、契約さえ取れれば、こっちのものと、適当な対応をする業者も多いのです。
20万円で解約できるとあれば、最終的にはそれを利用する手はあります。
まず、消費者被害として国民生活センター(国の運営)や消費生活センター(自治体の運営)に
ご相談されるのも手です。
また、兵庫県庁の建設課等にご相談されても良いでしょう。
その上で、いつまでも土地を探さないのは、債務不履行ですから
債務不履行による契約の解除と損害賠償請求をします。
契約の解除とは、最初から契約が無かったと言うことに成ります。
もしくは、これだけ、新しい土地が見つかるのに時間がかかるなら
最初から契約はしなっかったと、民事の錯誤無効による取消を主張します。
いずれも、内容証明でされると良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。
応じない場合は、民事調停を申し立てると主張します。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
supertonton様早速のご回答ありがとうございます。
やはりあきらめなくても方法があるということがわかり、救われた気持ちです。このサイトを初めて利用しますので先程投稿した追加のメッセージが伝わっているかわからないので重複するかもしれないのですが…
先程の質問には書いていなかったことが2件あります。まず、ひとつ。
一度弁護士の方の意見を聞いてみようと契約書を持って相談に行きました。すると、相手は大手のハウスメーカーであること、契約書には期限を設けていないこと、また工事請負約款には私共がAに工事敷地を確保し工事のために提供します。と書かれていること等から、訴えたり喧嘩するのは得策ではないという旨の意見を頂きました。2件目。
ちょうどAの担当者に「放置されているがどうなっているのか?」と尋ねていた最中にこちらで探していた土地がやっと見つかりました。そこでAに「良いと思う土地が見つかったが建てる気はあるのか?」と聞いたら、当然ですが「ある」と言うのでプランを頼みました。
しかしそれは以前に探していた土地よりもずいぶん狭かったため3階建てでのプランということになりました。そうなると2年前の契約時とは1千万円~違う見積りとなり、それでは話にならないということでより一層解除したいという気持ちになりました。
土地を探したのもこちらですし、少なくとも担当者が代わってからこちらが連絡を取るまでの8か月間は全く動いてもらってなかったので。ちなみにその後の話になりますが、その土地を気に入ったため購入することになったのですが土地に途中から条件が付けられ、建物は土地の売主の関係する工務店で建てるという契約を結ぶことになりました。これは先月下旬の話です。それから、supertonton様がおっしゃるように国民生活センターへは電話で相談しましたが、「そもそも土地はA社が探すという契約になっていたのか?」と聞かれ「口約束ではそうなっていましたが契約書には書いていない」というと、「うーん…?」となってしまい、土地探しに関するこちらの条件が難しすぎたのではないかとか言われました。県の建設課へはまだ何も聞いてなかったので電話してみようと思います。以上、とりとめのない文章で申し訳ありませんが、またご意見頂けるとありがたいです。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。
基本的に、大手の企業と個人を考えると、当然、個人が不利になります。
そちらに味方をする専門家はやはり少ないのが現実です。
そう言う意味では、自分のために親身になる社会派の専門家を探すことも大切です。
民法では口約束でも、契約は成立します。ただし、争う場合は契約書などの証拠が
必要になります。
ただし、法律でこうだからと簡単に感情が収まるものではないことはわかります。
また、民事と言う扱いですから、双方が合意されればどういう結論もあります。
この手の問題は、ごね得と言うのはございます。
責任者と話がしたいと、ねばることもポイントです。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
supertonton様丁寧な回答をありがとうございました。
supertonton様のおっしゃるように県の建設課、国土交通省の建設部門等、電話で問い合わせてみました。まずはAと話し合いをしてみて、うまくいかない場合は弁護士さんにお願いするのがいいとのことでしたが、supertonton様の言われるような社会派の弁護士さんを探すのも一苦労なのでどうしたものかな、と…。しかしやはり話し合いをしてみることにします。アドバイスを頂きありがとうございました。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
少しでもお役に立てたようで良かったです。
また、何かございましたら
お気軽にご相談下さい。
よろしくお願い致します。
※このご回答には返信をしないで下さい。

法律 についての関連する質問