JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 988
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

運転免許の行政処分についてお伺いします。 交通人身事故により、検察庁へ送致されました。結果は、不起訴処分でしたが、

解決済みの質問:

運転免許の行政処分についてお伺いします。
交通人身事故により、検察庁へ送致されました。結果は、不起訴処分でしたが、警察庁からの通知も取調もなく、私が、事故取り扱い警察署へ送致日・送致番号を聞いて検察庁へ問い合わせた結果、判明したものです。検察庁では、処分結果通知を希望する人については、通知するとのことでしたが、普通の市民が、その様な手続きを知っているはずもなく、取り扱い警察官が教示しなければ、警察庁の呼び出しを待ち続けることになってしまいます。又、警察の行政処分可否の通知もなく、警察へ問い合わせたところ当の昔に不処分となっていることが判明しました。刑事・行政処分とも、処分の有無に関わらず、処分を受けるものにとっては重大なことであり、国民の一人として知る権利を、警察の不作為によって封じられ、不安な気持ちで長期に渡り過ごしたことについて行政不服審査請求又は、精神敵苦痛に対する慰謝料請求等の行政訴訟は、可能でしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
審査請求というのは、下された不利益処分について不服を申し立てる手続きであって、その過程に対する審査を行うものではありません。もちろん、審査が長引いたことによって、状況の変化があり、異なる結論となるべきというようなケースであれば、対象にはなりえます。

慰謝料請求についてですが、ご質問を拝見する限り、少なくとも現行法上適法に対処されたように思われます。通知がないことに対しての不親切さは確かにありますが、従来はもっと不親切だったものが、制度改正が何度か行われて、ようやく現在のところまでたどりついたのが実情です。
もし、仮に慰謝料が認められるとすれば、現在の法律や通達等で、ご質問者様のおっしゃるような手続きが定められていないことは重大な不備であり、憲法違反である、というようなところまで持っていく必要があります。
ご質問者様がたまたま担当警察官や検察官などの不手際により、不利益を受けたという話であれば、作戦を考える余地もありますが、本件ではそのような事例ではなく、そもそもの制度に対する疑問提起になり、もし、この主張が認められれば、警察・検察に限らず、多くの行政機関が影響を受けることが想定されます。
従って、勝訴はきわめて難しいと考えますが、もし地裁で勝っても高裁、次は最高裁と最後まで争う裁判になることが想定されます。

社会への問題提起という意味合いで、社会運動という位置づけであれば、訴訟という方法もひとつの選択肢にはなるかと思いますが、ご質問者様の案件に対する解決策としては、費用と時間を浪費するだけで終わってしまう可能性が極めて高いでしょう。

---
なお、
「検察庁では、処分結果通知を希望する人については、通知するとのことでしたが」
について、手続きとしては、あくまでも、処分が決まった後で、通知を希望すれば通知書を発行してもらうことができるという制度があるに過ぎません。
あらかじめ依頼をしておけば、処分が決まった際にお知らせが届くというような制度はありませんので、ご注意ください。(担当者の裁量の中で、電話連絡など適宜の対応をすることはあるかもしれませんが)
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問