JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

別居している義母に、自宅の立ち退きを迫られてこまっています。 自宅は父が亡くなったときの遺産相続で、義母と私の名義

解決済みの質問:

別居している義母に、自宅の立ち退きを迫られてこまっています。
自宅は父が亡くなったときの遺産相続で、義母と私の名義になっております。
来月2月10日に簡易裁判所で調停が行われるのですが・・・
現在私は借金もあり、弁護士を雇うようなお金がありません。
申し立て側は弁護士を雇ってます。
この場合、信頼できる友人や親類といっしょに参加できるのかどうか?
このような調停では、まずどんなことをきかれるのか?
良い方向にもっていくには、どのようにしたらよいのか?
自前に調べておいた方が良い事はどんな事か?
ポイントをおききしたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
>この場合、信頼できる友人や親類といっしょに参加できるのかどうか?
→残念ながら弁護士以外の者は裁判に参加できません。
>このような調停では、まずどんなことをきかれるのか?自前に調べておいた方が良い事はどんな事か?
→調停では聞かれるというよりも、自分の主張を聞いてもらうという場所です。質問者様も自宅の名義を持っているのであり、自宅に居住する権利がありますから、その点を主張してくことになるでしょう。ポイントとしては質問者様は自宅に住む権利はあるものの義母にも権利はあるので、その点で義母に賃料(利用料)を支払うことで解決していくことになると考えられます。質問者様がいま現在居住しているので、住み続けるには有利です(質問者様に居住権があります。)
事前に調べると良い点は、自宅の周りの同じ条件の物件の賃料がいくらくらいなのかという点です。その賃料の半額を払うことで住み続けるということを主張していけば良いでしょう。また固定資産税を半分負担してもらうことも主張すると良いでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
回答を閲覧後は下記の署名欄の対応をお願いします。

法律 についての関連する質問