JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父親が伯父の連帯保証人となり、伯父が破産する時に一度それを解除したと聞いていたのですが、去年伯父が死に、その後に伯父

解決済みの質問:

父親が伯父の連帯保証人となり、伯父が破産する時に一度それを解除したと聞いていたのですが、去年伯父が死に、その後に伯父の長男(従兄)から尚も父の連帯保証人が解除されていないとの報告を受け、父の家屋などの財産を今のうちに名義を変えた方がよいと言われたのですが、父も去年脳梗塞で倒れ現在介護施設に入っており、その様な手続きは不可能な状態です。この様な場合どうすればよいのか困っています。なお私は父の長男ですが現在は故郷を出て、故郷には結婚した妹が居るだけです。また伯父の長男は遺産を相続してその後に破産手続きをするといっています。その場合にやはり父に連帯保証の請求が来て、父の自宅及び貯金を抑えられた場合に、介護施設の支払いも滞ってしまう恐れがあります。そこで私または故郷の妹に父の財産の名義変更は可能なのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、連帯保証人に成られた時に、お父様が、判断能力が有った場合は

その後に判断能力が無くなっても、連帯保証人は有効となります。

そう言う意味では、早急に、成年後見制度をご利用して名義変更等をされた方が

良いかもしれません。

成年後見人になれば連帯保証人を外す交渉を債権者とすることが可能です。

成年後見人は、ご相談者様のようなご家族がなることも出来ますし(親族後見人と言います)

司法書士の先生のような専門家にご依頼することも出来ます(専門職後見人と言います)。

また、家庭裁判所の許可が必要になりますが、名義変更等も成年後見人が

可能です。

後見の手続きは、2週間から1か月程度で出来ますので、早目に家庭裁判所に

相談されることです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問