JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

夫婦2人と長男の3人家族です。 自宅の一軒家と貸家の一軒家を持っています。 不動産を分割すると面倒なので、もし私

解決済みの質問:

夫婦2人と長男の3人家族です。
自宅の一軒家と貸家の一軒家を持っています。
不動産を分割すると面倒なので、もし私が亡くなったら、妻と長男で2分の1づつ相続になりますが、私としては妻に100%残し、妻が亡くなったら長男に100%相続されるようにしたいと思っています。
①、遺言書が無くても長男が了解すればそれで済むのでしょうか。
長男は素直なので言うことは了解すると思います。
②、私の死後、不動産の名義を変えるときに、遺言状がないと障害はありませんか?
③、今月20日に危険な手術を受ける予定です。公証人役場で正式な遺言状を作るのは時間的に無理なので、とりあえず、実印を押した自作のものを用意するつもりです。
書式(父の正式な遺言状が有るのでまねて作る予定です)や添付書類等、必要なものが有りましたら教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
①、遺言書が無くても長男が了解すればそれで済むのでしょうか。長男は素直なので言うことは了解すると思います。
→可能です。質問者様が亡くなった後に、遺産分割協議を行い、不動産の所有者を質問者様の妻にすることを承諾すれば自宅と貸家の所有者は奥さんのものとなります。
②、私の死後、不動産の名義を変えるときに、遺言状がないと障害はありませんか?
→それは奥さんに100%相続させたいという意味での生涯でしょうか?そういう意味であれば上記に述べたように質問者様の遺言がなくても、奥さんと長男で話し合って、奥さんに100%相続させることができますので障害はありません。
③、実印を押した自作のものを用意するつもりです。書式(父の正式な遺言状が有るのでまねて作る予定です)や添付書類等、必要なものが有りましたら教えてください。
→自筆の遺言で注意するのは、以下の点です。
1、必ず自筆で書いてください。ワープロ、パソコンでプリントしたものは無効です。
2、遺言を書いた日付を必ず書いてください。
3、最後に署名と押印をしてください。印鑑は実印でなくても構いませんが、実印があるなら実印を押したほうが無難です。
4、内容を書き間違えた場合は、修正ペンや修正テープでなおすのではなく、すべて書き直してください。
5、内容の書き方についてはお父様の遺言に倣って書けば良いでしょう。あえて言うなら、タイトルは「遺言書」や「遺言状」とします。また、「誰」に「どの遺産」を「どれぐらいの持分」相続させるのかをはっきり記載することが大切です。
6、添付書類や他に必要なものはありません。
以上の点に留意して自筆遺言書を作成すれば法的に有効なものになります。
以上、参考になりましたら幸いです。上記の3点の回答の中で不明な点がありましたら補足しますので、返信してください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
遺産分割協議は関係者以外の誰かが立ち会う必要はありますか。
協議の結果を書類に残したり、関係者の印(実印?)を押したりすることは必要ですか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
>遺産分割協議は関係者以外の誰かが立ち会う必要はありますか。
→関係者以外の立会いは必要ありません。奥さんと長男のみでできます。
もし長男が未成年ならば家庭裁判所に特別代理人の選任の申し立てが必要になります。ただ、遺産分割協議は質問者様が亡くなった後にしか作成できませんので、仮にいま現在未成年でも将来成年になれば特別代理人は必要なくなります。
>協議の結果を書類に残したり、関係者の印(実印?)を押したりすることは必要ですか?
→もちろん協議の結果を書面に残すことになります。遺産分活協議書を作成しますが、それには奥さんと長男の実印を押して印鑑証明書を添付することになります。その遺産分割協議書を使うことによって、不動産を奥さんに名義変更することができます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。よく分かりました。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
お役に立てて幸いです。
回答が参考になりましたら評価をお願いします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問