JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4868
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私が車、相手が自転車で接触事故を起こしました。相手はインドの方でかなりの剣幕で怒っておりましたが、怪我はありませんで

質問者の質問

私が車、相手が自転車で接触事故を起こしました。相手はインドの方でかなりの剣幕で怒っておりましたが、怪我はありませんでした。当たり屋かと頭によぎり安易にその場を離れてしまいました。相手が外国人と言うこともあり周りの人が当て逃げや、と110番通報しひき逃げ容疑で取り調べを受けています。相手の方も私の免許書の事とか心配して訴えたりしないと言って頂いております。どの様にしたらいいでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、詳しい事故の状況が分かりませんが、ひき逃げの場合は、人身事故で

当て逃げの場合は、物損事故になります。

当然、ひき逃げの方が、罪は重く、自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪等に

問われます。

ただし、当て逃げ等の検挙率は低く、警察も民事不介入で扱わない場合もありますが

結果として、交通事故の場合は、警察の事故証明が無いと保険金がおりません。

状況からして、相手が怪我等をしてないのであれば、警察も刑事事件として

大袈裟にすることは無いと思いますが

やはり相手との示談は必要です。また、ご相談者様の車の修理もあるのでれば

車両保険等は使った方が良いでしょう。

外国人と言っても日本に永住や就労ビザで来ているのでしょうから

きちんと日本人並みの対応はされて良いでしょうし、民事は、日本の法律に

従います。

不法行為の慰謝料請求の時効は3年ですから、早目に示談して解決しておいた

方が良いでしょう。

場合によっては、弁護士の先生に示談交渉をお願いされた

方が良いでしょう。最終的に、示談書を作成されると安全です。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問