JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4335
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

こんにちは、お問い合わせを申し上げます。 14年間、独立して仕事をしております。このたびは、初めての、この手のトラ

質問者の質問

こんにちは、お問い合わせを申し上げます。
14年間、独立して仕事をしております。このたびは、初めての、この手のトラブルとなります。
弊社データベース(現物ではないデータ納品物)を発注したく、ウェブを通じて業者をさがし、一度面談しました。面談した結果、信頼できると判断したため、依頼し、見積の半金を入金しました。
ところが、先方がいざ作業を開始されますと、納期がずるずると遅れているようでした。おまけに、最初のうちは連絡が取れていたのですが、じき連絡が取れなくなってしまいました。現在は、相手の連絡先は知っているものの、返信がない状況です。
ちなみに、このプロセスのやり取りは、すべてメール等で保管・保存して手元にございます。
弊社(私)側としては、納品を受けていない上に、納期にも違反されまして、とても困っております。
このような場合、どのような手段を取れますでしょうか。
私には、どのような権利があり、どのような権利を行使できますか? なるべくもつれずに、最低でも半金(30万程度)を取り返したいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、納品するデータと言うのが、具体的にはご不明ですが、分かる範囲でご回答致します。

事業者同士のやり取りと思いますが、契約書の作成はありますでしょうか?

その中に、キャンセルや納期が遅れた時の損害賠償についての規定はないでしょうか。

契約書があればそれに従いますが、意外と、契約書のない取引も多いもので

トラブルが後を絶ちません。

仮に、契約書が無くとも、民法では口約束でも成立しますので

今回は、債務不履行と言うことで、契約の解除及び損害賠償請求が可能です。

契約の解除とは、最初から契約が無かったと言うことで、半金も返金してもらうことになります。

納期が遅れることの遅延金などの損害賠償請求もあり得ます。

もしくは、最初から納期が守れなければ契約はしなかったと民事の錯誤無効による

契約の取消しになります。

それらは、内容証明で要求されると良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。

応じない場合は、民事調停を申し立てると主張されると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4335
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

おはようございます、このたびは大変お世話になっております。
質問へのご回答をいただきまして、ありがとうございました。

大体の流れが分かり、大変助かりました。
ご親切にご回答をいただきましたこと、感謝申し上げます。

契約書の件でございますが、おっしゃるとおり、押印のものは作成しておりません。
しかしながら、2者のやりとりは、書面で残る形で保存してございます。先方様がお仕事を受けられたこと、また、先方が自分自身で切られた納期等、文字に残る形で、しっかりと保存されてございます。
弊社の場合、長期の契約は契約書を残しておりますが、短期単発の仕事は、契約書ではなく、書面のやり取りと致しております。しかしながら、たとえ人とは違う流れを行くことになりましても、今回のことをかんがみ、今後は契約書を検討した方が良さそうですね。
アドバイスをいただき、ありがとうございました。

このたびの件に関しましてですが、私の巻き込まれていることの全体の流れが見えるまで、あと2、3のご質問がございます。
お相手様に対する行動に移るまでに、解決しておきたい疑問となりますので、ご教示いただけますと、大変幸いでございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

(1)
素直に分からないので教えていただきたいのですが、いわゆる「債務不履行、契約の解除及び損害賠償請求」と、警察への被害届は、どのような違いがございますでしょうか。

たとえば交通事故などで、示談にし、警察を通しませんと、後々トラブルになることは、広く知られています。

なぜこんなことを申し上げるかといいますと、今回の場合ですが、もともとトラブルを引き起こしている先様ですし、現在連絡が戻って参りません。電話にもお出になりません。
こうなりますと、現在の連絡先住所も、果たしてお相手が本当にいらっしゃる住所なのか不明です。つまり、郵送をいたしましても、本当にお相手が受け取られるのかが不明です。
私はお相手の会社で面談したわけではなく、2者の中間地点で面談いたしました。
お相手が実際に見せてくれたシステムや技術はしっかり稼働しており、かつ、私の今までの経験においても、しっかりとした技術・労働でございました。ですので、お相手の会社が果たして実在するのかどうか、わざわざお相手の会社に乗り込んで確認しに行かないということは、仕事としては、いたって普通のことかと思います。一方で、いったんこのような状況となった今では、果たしてどこまでが真実だったのか、不明でございます。
お相手様のウェブに出ている会社の住所において、本当にお相手が活動していらっしゃるのか、現在私は不明と思っております。また、通常であれば会社の登記には、証明された当事者の住所が必要ですが、このようなことをなさる方ですので、代理を立てている等も想像されます。(確認したわけではありません。)

このようなことを思案しておりますため、書面で送る場合、また、警察に被害届を出す場合、この二者の違いについて、ざっくりとした知識を持っていたいと思っております。
いざ行動する場合の個別具体的なことは、自分で詳しく調べますが、行動する前に、ざっくりとした違いを知っておきたく思っております。
特に、時効などがある場合は致命的ですので、しっかりとした知識を持っておきたいと思っております。
ご教示いただけますと、幸いでございます。

(2)
次に教えていただきたいのは、損害賠償請求に関してでございます。
私はもともと、作業を行っていただきたく思っておりましたので、そもそも、そのことを全うしていただければ、問題はありませんでした。

しかしながら、納期を破られ、こちらの仕事に支障を来し、支障を来しておきながら、道義的に一定期間、他の方にも依頼できない現状がございました。このことに泣き寝入りでは、酌量できる者がが馬鹿を見るように思っておりまして、それは嫌です。
私が受けた打撃に対しては、支払ってほしいと希望しております。

このような場合ですが、たとえば保険契約等でございますような、何か一般的な算出の方程式などございますでしょうか。
損害賠償の算出の仕方で、何か目安などございましたら、教えていただけますと幸いでございます。

(3)
今回のご質問の最後は、依頼料に関してでございます。
弁護士様、あるいは行政書士様に、上記の書面をご作成ご依頼する場合、相場の予算はおいくらぐらいを検討しておけば宜しいでしょうか。

もちろん、お相手様により予算が異なるかとは思いますが、だいたいの相場を知っておきたく思います。
だいたいで大丈夫ですので、相場をご教示いただけますと幸いでございます。

- - - -
重ねまして、ご質問にご回答をいただき、ありがとうございます。
ご多忙のところと存じますが、泣き寝入りしたくなく、きちんと解決したく思っております。
だいたいの概略が分かるまで、あと少し、どうぞよろしくお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。

詳しいご事情が分かりませんので、おっしゃるとおり、ざっくりなものになると思います。

(1)警察の被害届との関係ですが、交通事故は、警察の事故証明が無いと

保険金がおりないということでの関わりです。刑事事件と言うよりも行政事件と言うことに

なります。

そう言う意味では、今回が、詐欺事件と言う刑事事件でも無い限り、刑事告訴等は

出来ません。今の段階では、民事で、仕事が履行されていない債務不履行と言うことに

なり、民事での解決になります。

確かに、ご相談者様が調べて、その事務所等が存在しない虚偽のものであれば

詐欺とも考えられます。

まずは、そこも内容証明を出して判断されると良いでしょう。

(2)損害賠償請求は、実際に予見できる範囲に限られます。

例えば、相手も予見できない、あのことが無ければ、かなり儲けたのにと言うような

不確定なものは含まれません。

それと、交通事故に準じるような内容のものではありません。交通事故に準じる内容の

場合は、算定するものがありますが、今回のケースは、実際の経済的損失を考えます。

(3)内容証明を作成するだけであれば、3万円程度です。

その他、裁判等になれば、今は、士業は自由報酬制度ですが

弁護士の先生の場合は、着手金だけで10万円~30万円、公判1回あたり5万円~10万円

成功報酬の5%~30%と言うことが多いです。

司法書士の先生は、140万円までの事件であれば、扱えます。弁護士の先生よりは

お安いです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 1 年 前.

こんにちは
さっそくのご回答をいただきまして、ありがとうございました。
よく分かり、本当に助かりました。

(1)ですが、ただいまは詐欺などの刑事事件ではないようですので、警察への依頼を行うのは適切でないという理解をいたしました。
その上で、もし
・内容証明に返信がない
・内容証明に返信がないため、民事調停を依頼したいが、その段に及んでも、そもそも相手の居所も分からない(=ちょっと詐欺性がありそう?)
という場合ですと、はじめて警察へのご相談となると理解いたしました。

相手に、最初から騙してやろうという悪意があって、行われた行為であれば、犯罪ですので警察。
そうでなければ、二者間のトラブルですのでまずは民事。
このような理解をいたしましたが、ざっくり合っていますでしょうか。

また、司法書士ならびに弁護士のご依頼の相場も、ご教示をいただきありがとうございます。
このように、事前に情報が分かることは、本当にありがたいです。とても助かりました。

その上で、1点ご確認をお許しください。損害賠償請求のこととなります。
方式のようなものはないとおっしゃっていましたが、いただきましたご回答をふまえ、以下のような理解で合っていますでしょうか。

- - - - -

1)
弊社は、ここ1年半、業務作業サポートをいただいた外注様の契約満了により、その業務の一部を、データベースに代行させたいと計画しました。
契約満了したいという意志は、9月に分かっていたことであり、10月末あるいは11月末までを使って、引継をすると取り決めました。
その上で、この期間内にデータベースを導入することにより、人間がする細かな業務を機械に代行させることができ、これは弊社にとってメリットがあると判断いたしました。
これが、このたびの先方への、データベースの依頼目的です。
この事情と期限は、先方様も理解した上で、業務を受諾しております。

2)
旧外注様の契約満了は、結果的に11月末となりました。これは、旧外注様の都合であり、データベース遅れは関係ありません。
その上で、12月初頭より、別の外注様との契約がはじまり、11月は旧外注様・新外注様とそれぞれ、お引き継ぎ作業に当たりました。

データベースの希望納期は、当初計画通り、10月末で進行しておりました。
旧外注様がデータベースの内容をチェックし、その上で、新外注様がデータベースを使用して、業務スタートできるようにとの配慮です。
先方様もこの条件を理解し、受注しております。
しかしながら、データベースは期限まで納品されず、今に至ります。
(ちなみに、11月中は「遅れてすみません、待ってください」とのご回答でした。12月は、こちらから呼びかけても、ご返信がなくなりました)

3)
弊社が旧外注様にご依頼していたのは、月あたり5−6万円の業務です。
こちらは、業務内容仔細が、給与明細として残っております。

一方で、新外注様にご依頼している業務は、月あたり3万円程度です。
つまりこの差額が、データーベースが業務を代行するはずであった分であり、現在私個人におおいかぶさっている業務となります。つまりは、データベースの納品がならなかったため、私の本来の仕事の権利を侵害している部分の金額が、上記となります。

少なくとも納品が2ヶ月遅れておりますので、月あたり2−3万円分の業務が、私を侵害しております。
2016年1月データベースがありませんと、さらに2−3万、さらに1ヶ月積み重なりますと、さらに同額......ということになります。

年があけ、先方様に法的措置をとることを決めましたので、弊社は新規で他社にデータベースを発注します。
ただいま、発注先をいちから検討中です。
しかしながら、データベースが納品されるまで、これらの仕事は私が負わなくてはならず、あいかわらず、私の権利を侵害し続けます。
そこで、「他社による納品の期日」ー「本来納品されるはずだった、約束の期日」の差額に発生する金額を、損害賠償請求の金額として、先方に請求できるという考えは、成立しますでしょうか。

私は立場上社長であり、申し訳ないのですが、いち外注様と時間給あたりも違い、単純計算はできません。
(私が単純業務に当たることは、社にとっては打撃です)
また、もう少し厳密に精査した場合、細かな期日や金額等、相違してくるかもしれません。

ただ現在は、私の基本的な考えが正しい線をいっているか、あるいは方向が誤っているのか、知りたく思っております。
ご回答をいただけますと幸いでございますので、お忙しいところとは思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談者様のお考えでよろしいでしょう。

根拠がある損害賠償請求であれば、問題無いと言えます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 1 年 前.

おはようございます、このたびは大変お世話になっております。
ご回答をいただき、ありがとうございました。

いただきました単語をヒントに、自分でもいろいろ調べてみました。
大まかにお伝えいただきました道筋が、大変参考になりました。
おかげさまで、感謝申し上げます。

これにてご質問を閉じさせていただきますので、ひとことお礼を申し上げたく、ご挨拶を申し上げました。
このたびはご親切に、ありがとうございました。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てて良かったです。

また、何かございましたらお気軽にご相談下さい。

よろしくお願い致します。

※この回答には、返信はされなくて結構です。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問