JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4618
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

姉81歳の相続問題で質問です。本年9月姉の夫が病死83歳 目下相続の話し合い中です 夫の長期施設入院で持ち家の住

解決済みの質問:

姉81歳の相続問題で質問です。本年9月姉の夫が病死83歳
目下相続の話し合い中です
夫の長期施設入院で持ち家の住まいですが生活レベルは下位のレベルです
相続人は配偶者の姉、先妻の子供3人、姉の子供1名の合計5名(子供のうち2名が死亡しているので実際にはその子供が相続人となりますが何れも未成年です)。先妻の子供と姉との関係は良好では有りません
先妻の子供の親戚に弁護士がいて先妻側の子供たちは弁護士を頼み事を彼らのペースで進めているようです
このような状況下で先妻の子供たちは姉に迫り弁護士の着手料として10万点を要求し姉は高齢で判断力が衰え耳の不自由な事もあり、なけなしの金を支払ったようです。姉にとってメリットはないのに何とも不可解な事です。また姉に弁護士に依頼中なので親類縁者には此の件について相談厳禁と迫っています。
私は兵庫県、相続人は静岡県浜松市近隣で距離的な障害と姉から状況を電話で問い合わせしますが姉の話は要領を得ません。姉はこと先のことを深く考えず投げやりに発言することもありこのことがいろいろと面倒を起こしているようです。
相続額は自宅の35坪及び古家、若干の金融資産合計でも1000万円程度と推定している(詳細不明)
以下の点でご教授願いたい
1:相続の話し合いに小生が姉の代理人(付添い人・・・姉は歩行も困難)として姉の代弁をしたい。
此れが可能か、あるいは後見人の認定が必須果か
2:姉の代理として私が弁護士に直接調査の進展具合を聞きたいがどうすればよいか
部外者だとして断れない状況を作るにはどうするべきか、あるいはどうふるまうべきか
3:姉はやけ気味に相続は均等でよいと弁護士に伝えたようだ
これでは自宅が確保でき無くなってしまう、今から前言を翻し法定相続(配偶者50%)を主張したいがどのように伝えることが懸命の方法か
4:自宅の評価額の簡易方法を知りたい
とりあえず以上宜しくお願いします
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
ご質問に分かる範囲で順番にご回答致します。
1:相続の話し合いに小生が姉の代理人(付添い人・・・姉は歩行も困難)として姉の代弁をしたい。
此れが可能か、あるいは後見人の認定が必須果か
(ご回答)仮に、お姉様が認知症等で判断能力が無いか、きちんと事理弁識能力があるかの2つの
場合で考えてみます。
仮に、認知症等がある場合は、すぐにでも、家庭裁判所に法定後見の申立をして、ご相談者様が
後見人等になれば、成年後見人として代理行為は可能です。
成年後見人制度は、判断能力の無さの軽い方から「補助」「保佐」「後見」とありますので
「補助」あたりを申請して対応する手もございます。
成年後見制度を利用している方がいれば、その方に不利な相続手続きは出来ませんし
家庭裁判所も目を光らせます。せいぜい、遺留分請求しか相手は出来ない場合もございます。
次に、判断能力がしっかりしていれば、委任状で代理行為が可能です。
ただし、報酬等を受け取ると弁護士法違反になりますのでご注意ください。
2:姉の代理として私が弁護士に直接調査の進展具合を聞きたいがどうすればよいか
部外者だとして断れない状況を作るにはどうするべきか、あるいはどうふるまうべきか
(ご回答)成年後見人等か委任状が無いと交渉は難しいと言えます。
委任状は、私文書で簡単なもので構いません。
3:姉はやけ気味に相続は均等でよいと弁護士に伝えたようだ
これでは自宅が確保でき無くなってしまう、今から前言を翻し法定相続(配偶者50%)を主張したいがどのように伝えることが懸命の方法か
(ご回答)遺産分割協議書が作成されるまでは、どのような意見を言ったり、撤回しても問題はありません。
4:自宅の評価額の簡易方法を知りたい
(ご回答)不動産の判断をする価格は何種類もあります。一般的には、実勢価格です。
本来は、不動産鑑定士にご依頼されれば正確ですが、報酬が高額過ぎるので
何カ所かの不動産屋で、売るといくらぐらいか確認されても良いでしょう。
ただ、実印や印鑑登録証明書を渡したのは、問題です。
遺産分割協議書を勝手に作成される場合がございます。
なるべくなら、成年後見制度を考えられた方が良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました大変参考になりました。
不動産評価の件、自宅に住み続ける場合は優遇があると聞いています
この前提でもう一度教えてください。
代理に関しもっと聞きたいのですが今日は紅白ですね
ご返事は来年で結構です、良いお年を
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。
不動産の評価で、自宅に住み続ける云々は、相続税の評価額の特例であり
相続財産の不動産の評価額に影響するものではありません。
相続人が5名いれば、控除額が6千万円になるので、相続税は関係が無いでしょう。
代理人は、委任状があるか、成年後見人であれば、ほとんどの代理が可能です。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問