JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4874
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚調停を繰り返している(書類は作成していない) ・妻と半年ほど別居状態である(それ以前は家庭内別居) ・夫婦

質問者の質問

・離婚調停を繰り返している(書類は作成していない)
・妻と半年ほど別居状態である(それ以前は家庭内別居)
・夫婦合意の上、離婚予定である
という状態の男性と交際・同棲を開始しました。
・男性側は、親(男性側の親)に将来的に結婚したい相手(私)がいるという話は済ませており
私自身も相手親に会って話をしたことがあります
(私の存在・関係も、嫁と息子の状況も把握している状態)
1:この状態、この流れでの男性と交際・同棲は不貞行為にあたりますか。
2:また、夫婦関係が破綻してからの交際であることを証拠とするには
「相手親の証言」は法的に弱いのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 1 年 前.
3:妻から請求がきた場合減額要求は可能な状態でしょうか尚現在、私は妊娠中でありますがそれを男性に伝えたところ
「認知できない、離婚もするかわからない」と言っています。4:男性を訴えることは可能ですか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご不明な部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。
1、不貞行為となるのは、夫婦不関係が破綻していない前に交際を始めているかどうかに
なります。
当然、離婚調停をしていますから、夫婦関係は破綻していると思われますが
その証明としては、物理的な別居があげられますが、家庭内別居は、別居とは言えないので
その頃から交際していると問題とは言えます。物理的な別居後は問題ありません。
2、親御様の証言は、一つの証拠とはなるでしょう。
3、慰謝料に関しては、支払える額で対応するしかありません。
必ず、全額応じることはありませんが、仮に、不貞行為が認められると
単なる火遊びと再婚をするような略奪愛のようなものだと、額がかなり異なります。
単なる火遊びは、高くても30万円~50万円です。
略奪愛のようなものだと、有責配偶者と愛人の2人分で400万円~500万円は
あり得ます。あくまで2人分です。
相手の奥様も将来的な、生活がありますから、お金にはシビアだと思われます。
何らかの生活の援助を条件にすぐに離婚された方が安全とも言えます。
4、男性も少し怪しくなってきました。相手が離婚して無いので、ご相談者様にも
過失があると言うことで、慰謝料請求は難しくなりますが
認知は、強制認知が可能で、お子様に対しての養育費の請求や相続権はあります。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問