JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

9年前に建てた住宅の事でご相談いたします。今年の秋くらいからトイレの流れが悪くなりました。12月になって下水管に何か

解決済みの質問:

9年前に建てた住宅の事でご相談いたします。今年の秋くらいからトイレの流れが悪くなりました。12月になって下水管に何か詰まっているのではないかと思い、専門業者に下水管の高圧洗浄を依頼しました。下水管の配管を調べると、設計の配管図と実際の配管が異なっていことが判明しました。設計図面では、斜めに配管されていた。実際の配管は、合併浄化槽に入る手前で配管が直角に2か所曲げられそこに桝が1か所しか設置されていない配管になっています。このため、直角に曲げらてたか所の流れが悪くなり、グリス等が詰まりやすくなっています。このことを、建築業者に相談したが、設計図と実際の工事が異なることはよくあることで、手抜き工事ではないと言われた。私は、納得がいかないで法律上でなにか良い解決方法がないか相談します。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、そもそも初期の建築段階からの影響で、不都合が起きているのであれば
修理等をしていただくことになると思います。
設計図通りでなくとも問題無いのか、一部仕様変更は一般的なことかが
今一つ不明ですから、建築士の先生にお問合せされて、通常のことなのか
ご確認された方が良いでしょう。
出来れば欠陥住宅の診断をしてもらうと良いでしょう。
法的には、10年間の瑕疵担保責任が新築住宅には品確法で定められていますが
基本構造部(屋根や基礎や壁など)に限られているので、水回りが該当するかは
微妙なところです。
ただし、明らかな手抜き等で欠陥住宅と言うことであれば
事実を知ってから3年以内に不法行為による損害賠償請求が可能です。
また、債務不履行の場合は、損害賠償の請求は10年です。
まずは、診断をしてから、内容証明で、損害賠償請求をされると良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手側に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。
応じない場合は、民事調停を申したてると主張されることです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問