JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

中国国籍の女性と上海(市民政局)で結婚登記した父が先週亡くなり、先方から死亡証明や旅券のコピーを求められています。日

解決済みの質問:

中国国籍の女性と上海(市民政局)で結婚登記した父が先週亡くなり、先方から死亡証明や旅券のコピーを求められています。日本国内にある父名義の預金に対する法的な相続権の発生にもつながる可能性があるでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
中国の法律に基づいて結婚が適切に成立し、届出がなされているのであれば、それは日本の法律上も有効に結婚が成立しているものとして扱われますので、当然相続の対象となります。。(日本の戸籍上独身のままであったとしても、それは単に行うべき報告的届出がされていないにすぎないという考え方になります。)
お父さんが中国に住まれていたのであれば、日本にある不動産を除き、中国の相続法に基づき遺産分割を行うことになります。(日本にある不動産については日本法により相続することになります。)日本の法律では、配偶者が1/2、子については、子供全員で1/2ですが、中国の法律では、配偶者も子供も合わせて等分することになります。したがって、子供がご質問者様だけであれば、どちらでも同じ相続分ですが、他にも兄弟がいらっしゃるのであれば、中国法の方がむしろ有利になる可能性があるということになります。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問