JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2239
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

結婚して3年、同居して2年が経ちます。 現在、離婚協議中なのですが、妻(とその親)に財産(貯金)を100%おさえら

質問者の質問

結婚して3年、同居して2年が経ちます。
現在、離婚協議中なのですが、妻(とその親)に財産(貯金)を100%おさえられてしまってます。離婚に際して、お互いに不貞行為等はなく、協議の上での離婚です。
相手方(親)の言い分は
・妻はあなたよりも収入が少ない(妻の手取り15-20万程度、夫の手取り30-40万程度)
・結納金(100万)はそのままあなたにあげたのだから、それを返してもらう
・ソファーや冷蔵庫、ベッドなどいろいろ親として支援してあげた
という事で、財産(貯金)は200万程度なのですが、上記の収入格差に伴う財産分与の傾斜と
結納を祝い金として贈与してもらった分と併せて、200万の貯金は全て妻がもらうという
事を言われてます。既にお金は全て親の口座に移され、私には手の出しようがない状態です。
この財産分与(というか100%妻が差し押さえ)というのはあり得ないと思っているのですが、
法観点での一般的な分与とはどのようなものなのかご教示をいただきたく、よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
確認させてください。結婚する際の100万円は「結納金」として質問者様がもらったことに間違いありませんか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のご返信ありがとうございます。
結婚する際の100万円は明確に「結納金」として貰ったものではなく、結婚式や新生活に宛てなさいとして貰ったもので、結婚式の費用として既に使っております。よろしくお願いいたします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
結婚式や新生活に役立てるために貰ったということは、それは2人(質問者様と奥さん)への贈与であり、返す必要のないお金です。つまり、奥さんの親は法律的に返してもらう権利はありません。
そして貯金ですが、これは夫婦共同財産です。離婚に伴って財産分与をする際は、半分ずつにしなければなりません。
お互いの収入などは財産分与する際には関係ありません。
離婚することになって財産分与をするならば、100万円は質問者様のものです。そのお金が親の口座にあるならば、返還してもらうことが可能です。裁判をすれば質問者様の主張は認められますから、そのことを主張してお金を返してもらいましょう。
不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

法律 についての関連する質問