JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

ご担当者様 福祉施設で正職員として働いています。特殊な職種のため経験と専門性が考慮されて、他の職種よりも高い等

質問者の質問

ご担当者様
福祉施設で正職員として働いています。特殊な職種のため経験と専門性が考慮されて、他の職種よりも高い等級の基本給からスタートし、7年の定期昇給がなされましたが、ここにきて他の職種との公平性に問題があるからと、1度に6年分の等級引き下げによる調整をしたいと伝えられました。この調整後、定期昇給はなされることと、リストラ目的の減給ではないということです。25700円の減額です。
こうしたやり方は、法的に認められることなのか教えてください。減給せず数年の昇給停止による調整ならば納得できそうなのですが、交渉のポイントも知りたいです。
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
労働契約法第三条「労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、又は変更すべきものとする。」と同第八条「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。」により、労働者の変更なしに労働条件を変更することができません。これが原則です。
就業規則に減給について定めがあり、かつ、合理性があり周知もされていれば労働者の同意なしに減給が可能になる場合もあります。
今回のご相談内容からしますと、「2回の話し合いのなかで、給与表の一部を開示してもらいました。」とありますが、初めて給与表を見ることができたのでしょうか。それだと減給は認められません。有効な減給となるには少なくとも就業規則は周知されている必要があるからです。また、減給の理由ですが職種が違って給与が異なるのは基本的に問題がありません。しかも、貴方の場合は、「特殊な職種のため経験と専門性が考慮されて、他の職種よりも高い等級の基本給からスタートし」ということですから、それが労働契約となって他の職種より給与が高いことにも合理的な理由があります。会社の公平性という理由での減給は合理性に欠け認められないと考えます。
上記のことを参考にして話し合いをすると良いでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。よくわかりました。給与表は見られませんが、就業規則と給与規定は見ることができました。そのなかに
(給与表、等級の変更)
第12条 資格の取得、昇格、職種の変更等により現に受けている給与表、又は等級を変更する必要が生じた場合は、現に受けている給与額を下回らない最も近い給与額の等級及び号給とする。但し、特段の事情がある場合はこれを考慮して定めることができる。と、あります。
これはどう解釈するといいのでしょうか?私の事案には関係がありますか?それから、減給については懲戒の項目にしか記載がありません。ご回答、よろしくお願いします。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。
>給与表は見られませんが、就業規則と給与規定は見ることができました。
→ 就業規則や給与規定は給与等級の変更の話の前に周知しておく義務が会社にあります。労働基準法により、「就業規則は常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によって、労働者に周知させなければならない。」となっています。周知不足と考えられる場合、その効力は無効です。
>そのなかに
(給与表、等級の変更)
第12条 資格の取得、昇格、職種の変更等により現に受けている給与表、又は等級を変更する必要が生じた場合は、現に受けている給与額を下回らない最も近い給与額の等級及び号給とする。但し、特段の事情がある場合はこれを考慮して定めることができる。
と、あります。
>これはどう解釈するといいのでしょうか?私の事案には関係がありますか?
→ 今回の等級の変更の理由は、「他の職種との公平性に問題があるから」という理由ですから、上記12条をもって変更することは認められないと考えます。
しかも、「現に受けている給与額を下回らない最も近い給与額の等級及び号給とする。」となっていますので、仮に12条の適用が可能としても給与額を下回らないようにすべきです。特段の事情については、他の職種との公平性に問題があるからという理由を特段の事情として変更ができないと考えます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。週明けに話し合いなので、また不明な点が出てきた場合、ご相談させてください。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。
ジャストアンサーのサイトルールでは、問題の経過ごとに続けてご利用頂けるのではなく、相手の対応によって新たなご質問があるときは最初のご投稿のように新規でご投稿をお願いしております。
ただ、今回に限り、次のご質問については、回答させて頂きます。何卒、ご了承ください。宜しくお願い致します
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ルールが分かっておらず、申し訳ありませんでした。
今のところの疑問は解消されました。わかりやすく、回答いただきありがとうございました。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。
いえいえ、評価くださいましてありがとうございます。
ご対応に感謝申し上げます。
また何かございましたら新規のご投稿になってしまいますがご相談ください。
ご利用ありがとうございます。

法律 についての関連する質問