JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日父が亡くなり、遺産分割協議に向けて資料を収集中です。 私と妹の二人姉妹が法定相続人となります。 この妹とは昔

質問者の質問

先日父が亡くなり、遺産分割協議に向けて資料を収集中です。
私と妹の二人姉妹が法定相続人となります。
この妹とは昔から仲が悪く、原因は妹の身勝手さにあります。
昔から私のものを無断で持って行っては壊すなり使えない状態にしてその辺に放っておくということを繰り返してきました。
現在は2人とも14才の子供を持っています。
私は未婚で出産し実家で11年育て、3年前に結婚して実家を出、今は下に2人子供がいます。
妹は出産前に離婚し、2カ月ほど実家にいましたがすぐ復職し、それから程なく市営アパートを借りて子供を実家に置いたまま一人暮らしを始めました。
妹の子は13年間、月に1、2度のスポットで妹の家に1泊する程度で、実家で私の両親に育てられたと言っても過言ではなく、当事同居していた私も遊びに連れて行ったり、病院に連れて行ったり少なからず養育には協力していました。
私も仕事に復帰したあとは仕事で帰りが夜中になることが2年近く続いたこともありましたが、基本出産後自分の子供第一で仕事が終わるとすぐに帰り、子供と一緒に過ごすようにしていました。
妹は自分の時間が大事で仕事終わりに友人と飲みに行き実家に寄らず電話もないことが多く、
たまに仕事帰りに実家によると、30分程でおやすみと我が子に言い残して一人でかえっていました。
母が3年前に亡くなり、その前から母の入院時や退院直後には、職場で批難されても就業直後に家に飛んで帰り、夕食準備からその他の家事を私一人でやってきました。
結婚後も産まれたばかりの子を主人に任せ、実家と自宅の往復を、仕事から帰った午後6時半から夜11時半まで毎日続けました。
そのことで主人と朝まで寝ずに喧嘩したことも何度もあります。
3人目の妊娠中も変わらず、出産のため入院中の食事の手配もしてから出産し、産院の先生にも家の都合があるから3日で退院させてくれと言ったほどです。
昨年妹は病気の進行した父の面倒をみると感情的になり3カ月程実家と家を行き来する生活をしたようですが、今まで何もしたことが無い為ストレスに耐えられず父と喧嘩をしてこなくなりました。
その際、妹は私に向かって「何年も実家の事を私一人に押し付けて、あんた何にもしてきてないじゃない」と怒鳴ってきました。
その時は怒りを感じるより先に妹につかみかかっていました。
私は途中まで妹が行き来していることを知らされておらず、知ってから実質1カ月とちょっとの間だけ、結婚後初めて自宅のことのみに専念した生活を送ることができました。
しかし、妹の先の物言いは絶対にゆるすことができません。
父が亡くなる少し前からは上の子を連れて実家で寝泊りをしていましたが、上の子を実家に連れて行き、一旦自宅へ戻って下の子達を寝かせ実家に戻るといった日々でした。
もちろん仕事は続けており、父の容体によって大幅な遅刻、早退、中抜けは連日でした。
10月に父が亡くなり、相続の話しになると妹が
「あんたは自分が家の事をしてきたと勘違いしてるんじゃない?」と言ってきており開いた口が塞がりません。
こんな妹とでも遺産を半分にする必要はあるのですか?
大変長くなり申し訳ありません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お父様の遺言が無かったことが、このような不公平感に繋がったのかもしれません。
遺言があれば、遺言に従うことになり、妹様は、取り戻すとしても遺留分分しか
請求が出来ません。
つまり、法的には、仮に遺言があって全財産をご相談者様に相続させるとあっても
遺留分として全体の4分の1は、法的に請求できると言うことで、拒否は出来ません。
仮に、遺言があって、お父様が、妹様から侮辱を受けたなどあれば、遺言で相続廃除が
出来たので妹様が財産を受けることはありませんでした。ただし、代襲相続はあります。
今回は、遺言が無いので、寄与分が考えられるかどうかですが
残念ながら、実の親の面倒をみると言うのは、家庭裁判所は寄与分を認めません。
実の親の面倒をお金に換算するのはおかしいと言うのが家庭裁判所の最近のスタンスです。
そうなると、家庭裁判所の遺産分割の調停においても、法定相続が変わらない
可能性があります。
お父様が、生前に、ご相談者様に多く相続させたいなどの意思が確認できれば
可能ですが、そう言うことを言っていたかどうか証明が出来れば
多めに相続することは可能です。とりあえず、日記風にまとめるでも出来れば
何とかなる場合もあります。
遺産分割協議が出来て遺産分割協議書が作成できない限り、相続手続きは出来ませんし
また、遺産分割協議には、時効がありませんので、何十年と争うことを考えると
どこかで譲歩すべき部分はあります。
相続財産で、不動産の評価はいろいろあるので、一番安いとこで評価して
不動産をもらうことで得をすると言う方法もあるでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答していただきありがとうございます。
父は亡くなる5カ月前から気管切開し、筆談でやりとりすることが多くなりました。
その時に妹が遺産はいらないと拒否した内容のメモ書きは手元にありますが、父の思いとしては13年間実家で育ってきた孫のために実家を妹に相続してほしいという思いが強かったようです。
2度実家の登記書を渡し、2度とも突き返されています。
それにやはり親ですので、「あいつとは親子の縁を切りたい」と繰り返し言いながらもいつか理解し合えるのではないかという期待もあったでしょうし、何か残してやりたいとは思っていたと思います。
私は遺産の半分も妹に渡したくないというより、この13年間ほぼ何もしてこなかったにも関わらず、あたかも自分の姿を私に転位した形で批難、吹聴するのが許せず、正確な認識をさせるためにも分配の増減という形で表せるといいと思いましたが、やはり涙を飲むしかないのですね。
残念ですが真実を突きつけることで追い込まれた妹に家族の安全を脅かされるよりはマシと思うしかないのでしょうね。
また長くなって申し訳ありません。
ありがとうございました。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
お孫様に遺産を残すのであれば、尚更、遺言が有った方が良かった
案件だったかもしれませんね。
仮に、ご相談者様のことを悪く他人に言うのであれば
名誉棄損罪と言うのもあります。
刑事告訴も出来ますが、民事の名誉毀損で慰謝料請求も可能です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
アドバイスありがとうございます。
今後の妹の出方によっては名誉毀損なども考えていこうと思います。
とりあえず分割協議が無事に成立したら今後一切の連絡を絶つつもりでいます。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
相続トラブルを機に、関係が悪くなる兄弟は多くいらっしゃるようです。
身内だからこそ、遠慮なく争うと言うのはあるようです。
仮に、名誉毀損で争う場合は、証拠が必要ですので、今後は録音や記録など
取られておくと良いでしょう。
今回は、ご相談ありがとうございました。
また、何かございましたら
お気軽にご相談下さい。
よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問