JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

前略私の兄は、これまで医者として働いていたので結構な財産があります。

質問者の質問

前略 私の兄は、これまで医者として働いていたので結構な財産があります。前妻との間に2人のこどもがいますが、共に独立しています。 その兄が2~3年前から認知症になってしまい、この春に兄嫁が夫(兄)を施設に入れてしまいました。 その後、これまで住んでいたマンション(1:1の共有財産となっている)を独断で売却し、新しい高層マンションを買い求めて、最近転居してしまいました。 認知症の兄は何も分からない状態で施設には入ったままです。  認知症を患っている者の財産は今後どのようになるのでしょうか?こんなことが法的に許されるものなのか、ご教示頂きたくメールしました。どうぞよろしくお願いします。

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、前妻と言うことは、現在の奥様がお兄様にはいらっしゃると言うことでしょうか?

その妻が、勝手にお兄様の財産を使っていると言うことですね。

基本的に、認知症等で判断能力が無くなった方の財産を管理するためには

成年後見制度を利用しないといけません。

今回のように妻が、窃盗や横領をした場合は、親族相盗例が働き

刑事告訴が出来ません。ただし、民事としての不当利得返還請求は可能です。

こちらの解釈が間違っていて、前妻の方がされている場合は、現時点で

夫婦ではないので、親族相盗例ははたらかず、刑事告訴が可能です。

いずれにしても、お兄様に対して成年後見制度を利用して、不当利得返還請求を

されることです。

成年後見人は、ご相談者様のような親族でも可能ですし、司法書士の先生のような

専門家でも可能です。

まずは、家庭裁判所にご相談されて下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございました。

そうです。二人目の妻です。一緒に暮らしてから30年近くになります。

ですからすべての財産は彼女の手中にあります。

その妻が親族に断りも無く、勝手に兄の青年後見人になることはできるのでしょうか? あるいはその都度兄を連れ出して(周囲に認知症であることを告げず)すべての手続きを進めてきていたのかもしれませんが、それも可能なことなのでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございました。

そうです。二人目の妻です。一緒に暮らしてから30年近くになります。

ですからすべての財産は彼女の手中にあります。

その妻が勝手に兄の青年後見人になっているのかも知れません。

成年後見人は周囲の了解を経てなるもので、勝手になれるものでは無いと思うのですが…。それも可能なことなのでしょうか?

それともその都度兄(歩くことは出来るので)を連れ出して(周囲に認知症であることを告げず)すべての手続きを進めてきていたのかもしれません。

そこでお尋ねします。成年後見人になるには、どのような条件が必要なのか教えて頂きたいのですが、よろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。

夫婦と言えども、勝手に認知症の方の財産管理は出来ません。

また、成年後見人は、自分のためとか、相続人のために何かする人ではなく

認知症の方(ここではお兄様)のために財産を管理できる人です。

成年後見人になった場合、親族でも横領した場合は、横領罪で刑事告訴出来ますし

基本的に、家庭裁判所に発覚したら、成年後見人を辞めさせられます。

成年後見人になるには、必ずしも全員の同意が無いといけない訳ではありませんが

同意しない理由があれば、他の人を候補者として家庭裁判所が判断します。

認知症の方がした取引は無効になります。

無効を取引方に主張されると良いでしょう。

法律 についての関連する質問