JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

マンション管理人手数料について マンションの管理は、建設した会社がしていたのですが、8年前に倒産し、管理を引き継ぐ人がいないため、私が、理事会の承認を得て

質問者の質問

マンション管理人手数料について
マンションの管理は、建設した会社がしていたのですが、8年前に倒産し、管理を引き継ぐ人がいないため、私が、理事会の承認を得て 管理人手数料5万円で引き受けることになりました。 (理事会の議事録あり)
2年前から当マンションに移り住んでおられる方から、「管理人業務内容が不明な管理人手数料は認められない」との指摘がありご相談させていただきました。
実際、私がしてきた管理内容は、主に、共用部の日常清掃・点検、決算書の作成、法定検査の立会(設備検査、消防検査、エレベーター点検、受水槽検査)総会開催・進行、修繕費の見積手配などですが、管理を引き受けた時点で、書面で業務内容を明記した契約書はございません。(手元にあるのは、これまで管理をしてきた証拠となる、法定点検証明書と決算書、議事録、領収書があるだけです。)
現在、8年前の理事会出席者が 当マンションに住んでいないので、管理人手数料の件を 証明してもらえません。(証明できるのは、当時の理事会の議事録のみ)
場合によっては、過去、8年分の管理人手数料を 返却しなければならないか心配しております。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、少しでも節約したいと言うことで、管理人手数料を疑問視しているのでしょうが
管理会社がしていた時の料金よりも高かったり、業務内容が少なくなったり
しているのでしょうか?
倒産した管理会社と同じ料金程度で、同じ仕事をしていれば、妥当な金額でしょうから
不当利得返還請求は難しいものがあるでしょう。
その疑問視している方に、業務内容を説明して、それでも文句があるなら
理事会で決めたことですから、理事会で変更等すべきと伝えることです。
これまでの経緯を管理日誌等にまとめておくこともポイントです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
はじめまして、このたびは ご回答いただきまして ありがとうございます。
上記、ご返事の内容のうち 疑問視されていらっしゃる点について ご説明させていただきます。
まず、管理会社に支払っていた管理費は、私がいただいている管理人手数料と同額(5万円)でした。
その管理会社は良心的で、1年間に必要と思われる管理費を実費に近い金額で概算をだし、組合から管理委託料として一括払いをしておりました。その内訳の中に 管理人手数料を5万円に設定されておりました。
私が、倒産した管理会社と同じ仕事ができたかといえば やはり疑問が残ります。
私は、新たに管理規約が作れませんし、長期修繕計画書も作れません。
高いお金を払い、新しく転居してきた方の立場に立てば、完璧な管理を望まれるのも理解できます。
ただ、押しが強い方なので、このようなことができないのかと、いつも見下されてつらいです。
新たに、大手管理会社に管理委託費の見積もりを依頼している最中ですが、とても5万円で済むとは思えません。
来週、総会があるので提案してみたいと思います。ただ、やはり不当利得返還請求の心配はぬぐえません。
「これまでの経緯を 管理業務日誌にまとめる」とよいと アドバイスをいただきましたが、8年分の ということでしょうか?
いままで、作成したことがなく、定型フォームなどがあるのでしょうか?よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
前分の訂正がございます。3行目  (呉)まず、管理会社に支払っていた管理費は
(正)まず、管理会社に支払っていた管理人手数料は申し訳ございません。よろしくお願いいたします。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話から、ご相談者様の出来る範囲で頑張って来られたので
返還請求に応じる必要はないでしょう。
ただし、やはり、長期修繕計画は、マンションの要でもありますから
専門業者等にご依頼された方が良いでしょう。
多分、その方もその辺りが気になるのでしょう。報酬額の問題では無いのかも
しれません。
最近は、マンションにおける大規模修繕などのトラブルが多く
巻き込まれないためにも、退いても良いかもしれません。
これまでしたことは、日記程度で、何をしていくら支払ったみたいなことが
分かれば十分です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。返還請求に応じる必要はないとのことで 少しほっといたしました。
ただ、今までも何かとクレームを付けてこられる方なので
このまま、引き下がるとも思えません。万一、法的に訴えられた場合は、どこに相談すればよいのでしょうか?
実は、supertonton様にご相談する前に、インターネットでマンション専門とうたっている法律事務所を探し
上記と 同じ相談をしましたが、忙しいとの理由で 2件断られております。もしよろしければ、教えていただけないでしょうか?
心配しすぎなのは、わかっているつもりですが・・・
よろしくお願いいたします。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
訴えられるとすれば、不当利得返還請求位しかないので
民事調停や訴訟になるかもしれません。
そうなると、弁護士の先生になると思いますが
特に、マンション管理にこだわる案件では無いと思います。
要は、ご相談者様に親身になってくれる専門家が必要です。
そう言う専門家は、ご相談者様のご親族やご友人等に聞けば一人ぐらいはいるものです。
そうして、紹介してもらうと、きちんと対応してくれます。
また、今は、士業は自由報酬制度なので、相見積もりを取られても良いでしょう。
都道府県の弁護士会に紹介してもらうと言うのも手です。
ただ、訴訟は訴える方も労力やお金がかかるので、普通はあり得ません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早々のご返答、ありがとうございます。万一の場合の 対応の道筋がわかり、安心いたしました。
訴えがあった場合は、東京弁護士会 弁護士紹介センターに
弁護士を紹介していただこうと思います。
(先ほど、インターネット検索して、ホームページを確認いたしました。)あとは、相手の出方しだいなので、様子を見て対処していこうと思います。このたびは、いろいろとアドバイスいただきまして 本当にありがとうございました。
大変感謝しております。
またいつか機会がございましたら、ご相談させてください。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。
少しでもお役に立てたようで、良かったです。
また何かございましたら、お気軽に
ご相談下さい。
よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
supertonton様
このたびは、ご相談に返答いただき、ありがとうございました。
その後の、ご報告と思い ご連絡させていただきます。12月6日(日)マンションの総会がありました。
例のごとく、会議に中で「管理人手当は、管理業務日誌がない以上法律的には、払えません。」と
冷静かつ威圧と凄みをもって、私を中傷してまいりました。まわりにいた、理事長はじめ 他の組合員たちも
何か言えば、自分に火の子が飛んできそうで 誰も私をフォローしてくれませんでした。
私の唯一の心の支えは、supertonton様のアドバイスだけでした。私は、その場で、管理人をおろさせていただきたいと 申し出ました。と同時に、
管理会社から取り寄せた 管理委託契約書(2社分)を出席者全員にくばりました。
それでも、その相手は、同じことの一点張りで「管理業務日誌がなければ、法律的には、管理人手数料は払えない。
管理人やめるにしても、管理業務日誌がないと引き継ぎができないので、1年間管理を継続して管理業務日誌をつける義務がある。」
というのです。 理事長は、私が普段きちんと掃除も会計仕事をこなしていることをわかってながら
「管理を委託すると高くつくので、やめたほうがいい」。というのが 精一杯のようでした。私は、結局、管理人をやめさせてもらえず、管理業務日誌を 毎月提出することを 強制させられました。
そして、おそらく その業務日誌の内容をみて、管理人手当5万円に値しないと 毎月けちをつけらると思います。
なぜなら、シルバー人材センターに頼べば、清掃業務は、数千円やってもらえることだといっていたからです。
管理委託会社にも、これまでのいきさつを話し、契約は先送りになりましたと、お断りの連絡をいたしました。
そして、一言、「そこに、お住まいつずけるのですか?」と、本気で心配していただきました。今のところ、管理人手当の不当利得返還要求までは、話がおよびませんでしたが、その人は 締め上げる、とたまに口にします。
もと、防衛省の経理を担当し、現在は、リクルート関係の契約の仕事をしているといておりました。法律のことをよく知っている口ぶりでした。心労はこれからも 続きますが、いざとなれば、supertonton様の アドバイスを 思い出し弁護士に相談させていただきます。
1年後、また、不当利得返還請求の話が復活することも、ありえそうなので、心の準備だけはしておこうと思います。
来年、結果を報告もふまえ、ご相談させていただくかもしれませんが、その時は、よろしくお願いいたします。ながながと、お話をお聞きいただき、ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
追伸    管理会社から取り寄せた 委託契約書は 見積書です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
本文を読み返したら、誤字・脱字が多々あることにきずきました。読みにくくて 申し訳ありません。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
どこにでも厄介な方はいます。
そこまで、追及するなら、その方が、安くこれまでと同等の
それでは足りません。それ以上の成果を出す管理を責任を持って
やって下さいと伝えて良いでしょう。
管理を1年間続ける法的な義務はありません。
仮に、期限を区切ってやっているのであれば、
そう言う契約が有ったと言うことで、とやかく言われる筋合いはありません。
また何かございましたら、お気軽に
ご相談下さい。
よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。管理人をやめたかったのですが、「総会で、1年継続することに合意した。」という、総会議事録に
すでに、12月8日(火)に、署名・捺印してしまいました。いままで、会計、毎日の清掃、事務(各種お知らせの作成、郵送)、点検(建物巡回、業者点検立会)、
組合運営(総会進行、決算報告)、各種見積交渉、簡単な修繕、住民苦情受付まで、
本来、管理人がやる仕事の範囲をこえて 一切のことを、私が、やってきました。
たぶん、すぐに組合の誰かが 一人で 私のしてきたすべてを引き継ぐことに 手をあげる人はいないでしょう。
組合で 担当をきめて、手分けして仕事をするにしても あるいは、管理委託会社にお願するにしても
準備期間は必要に思われます。1年後、管理人はやめさせていただくと、総会で明言し、議事録にも明記してあります。
普段の生活では、ほとんど、その人と顔を合わすことがないので、1年間は、がまんして管理人をやろうと思います。
誰にも、相談できず、苦しかったですが、supertonton様に、相談して、暗いトンネルの先に明るい希望の光が見えたのごとく
の心境です。本当に、ありがとうございました。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
大変でしょうが、頑張って下さい。

法律 についての関連する質問