JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ある飲食店でグループで食事をして、数人が食中毒を発症しました。因果関係は保健所で特定され、店側から示談金の条件が提示

質問者の質問

ある飲食店でグループで食事をして、数人が食中毒を発症しました。因果関係は保健所で特定され、店側から示談金の条件が提示されました。あまり深く考えずに示談に応じ、契約書を交わし現金を受け取ってしまいましたが、冷静に考えたところ、示談の内容に疑問を持つようになりました。あらためて相手の作成した契約書を確認したところ、発症の日付が間違っている(数年前の日付になっていた)ことが確認されました。
こうした場合、契約に不備があったということで、いったん示談金も返金して、契約を元に戻すということは可能でしょうか。
ご回答いただけますと幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、契約書においては、一部に表示ミスがあったからとすべてが無効に

なる訳ではありません。

契約内容においてて重要な部分の無効でない限り、契約は有効とも言えます。

例えば、ご指摘の日付においても、その日付で無くても、食中毒事故の日付が

基本的に他の部分から特定できることが出来れば、問題はありません。

多分、その手の事故が多いので、ひな形みたいのをそのまま使ったのでしょう。

そのため、前の年号が残っていた可能性はあります。

基本的には、示談をされたと思いますので、示談は法的に解決したことを意味して

示談の撤回は難しいと言えます。

そう言う意味では、示談は、慎重にすると言うことも大切です。出来れば、専門家を通してすべきでした。

示談無効を日付だけでするのは難しいでしょう。

仮に、するとすれば、合意による契約の解除です。

先方が、合意すれば、民事ですから、何でもありと言えます。

ただし、法外な慰謝料の請求をすれば、恐喝罪として逆に訴えられることも

あるのでご注意が必要です。

出来れば、弁護士の先生に代理交渉をしてもらった方が安全でしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございます。店側はおそらくこうした対応は手慣れた感じであり、こちらに落ち着いて考える余裕を与えずに契約が進められたように思います。おそらく合意による契約解除は難しいと思われます。

ところで、私は14人分の代表として契約を行ったわけですが、そのうちの発症者2名が、その内容には納得できないので、受理しない方向にしたいと主張しております。つまり、全体としての示談金を受理せずに、個人的に店側と交渉するということだと思います。消費者センターに相談したところ、そうした対応も可能だと言われたそうなのですが、法的には可能と言えるのでしょうか。あるいは、個人で店側に請求を行うことによって、今度はこちらが店に訴えられるという可能性も起きてくるのでしょうか。

重ねての質問で申し訳ありませんが、ご回答いただけますと幸いです。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

考え方として、代表者を選出して、示談を行っても構いませんし

個別に行うでも構いません。

ただし、代表者を選出する場合は、委任状などが無いと、今回のような

トラブルは少なからずあり得ます。

14人で10万円の場合、仮にその2人は、それでは足りない、重大な後遺症が

有ったなどであれば、無効に出来るケースもあり得ます。

その場合、その二人に不足分を個人的に示談をしてもらうと言うことでも

構わないと思います。

或いは、可能性は薄いですが、日付が異なると言うことで、

誠実さが足りないと契約の無効を申出ると言うのも手かもしれません。

店側はあくまで加害者ですから、過失傷害罪で親告罪ですが、刑事告訴も可能です。

ご相談者様側が、強気の対応でも良いでしょう。

数万円程度であれば、応じる可能性はあります。

質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

今回、委任状をとるということも思いつかず、独断で走ってしまったところが私の方で大きなミスとなってしまったと思います。

金額の多寡もありますが、基本的には店側の誠意が感じられないというところに、最も納得していないようです。個別に謝罪もなく、謝罪や今後の対応についての文書もなく、示談金の内訳も示されていない、等々。重篤な後遺症があったわけではありませんが、1人はまだ症状が完治はしていないようです。

「二人に不足分を個人的に示談をしてもらうということでも構わない」というお答えでしたが、全体で契約した後の個別の示談交渉であっても、店側はそれに応じる責任がありうるということでしょうか。それとも応じる応じないはあくまで店次第ということになるのでしょうか。

重ね重ねの質問で誠に恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

個別に応じる応じないは、やはり民事ですので、双方の合意があれば

可能と言えます。

示談したから、刑事告訴が出来ない訳でもないので

店側も、応じざるを得ないかもしれません。

個別に対応してもらいたいと要請されても良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

いろいろと有り難うございました。参考にさせていただき、今後の対応を協議していこうと思います。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てたようで良かったです。

また、何かございましたら

お気軽にご相談下さい。

よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問