JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 956
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

初めて、ご相談させていただきます。相続の問題の件でございます。かなり過去になるのですが、問題は、私の母が19994年

解決済みの質問:

初めて、ご相談させていただきます。相続の問題の件でございます。かなり過去になるのですが、問題は、私の母が19994年に死亡いつぃました。翌年、母親方の、私からみれば、祖母が1995年に死亡いたしました。母親方は資産家で、土地を多くもっており、アパート経営も何件か叔父が引き継いで、尚拡大して今もやっております、当時から今も。祖母と一緒に住んでいた当時からの私から見えれば叔父、祖母から見えれば、長男はおります。祖母が亡くなって遺産の話は出なかったですし、当時、私も忙しく関われない状況でした。私が祖母の遺産をもらう権利はあるのでしょうか?教えていただければと存じます。宜しくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
・祖母が亡くなられた場合には、その相続人は子供であり、ご質問者様の母親やその兄弟になります。ご質問者様の母親はすでに亡くなられていたとのことですが、この場合、ご質問者様が(兄弟がいればご兄弟もあわせて)、本来母親が相続するはずだった分を相続することになります。
・ただし、遺言書があった場合には、遺言書の記載の通りになりますので、仮に叔父さんに相続財産をすべて譲るという遺言書があった場合には、その通りになります。この場合でも遺留分という権利が認められ、本来の法定相続分の半分の権利が主張できるのですが、遺留分の主張には知った時から1年という時効がありますので、この点が問題になりそうです。
・一方で遺言書がなかった場合、相続手続きそのものには時効がありませんから、遺産分割をこれからでも行う必要があります。
・その他、亡くなる直前に生前贈与を受けていたというようなこともあるかもしれません。

とりあえず、こっそり状況を調べてみたいということであれば、対象となる不動産の登記簿謄本を取得されてみて、名義を確認し、祖母の名義のままになっているのか、叔父さんの名義に変わっているのか、変わっているなら、どのような理由(売買、贈与、相続などと記載されています)で変更されているのかなどを確認されてみるとよいでしょう。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問