JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1048
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

今年専門を卒業する2人の息子がいます、2人とも卒業後すぐに就職につくのが、むりで、いちど、就労支援センターをへてからの、

質問者の質問

今年専門を卒業する2人の息子がいます、2人とも卒業後すぐに就職につくのが、むりで、いちど、就労支援センターをへてからの、就職になりそうです、そうなると、本来は社会人になると、払わなければならない、年金関係ですが、我が家は母子家庭でとおてい、はらえる訳もなく、そこらへんが、どのように、なるのか、あと、数か月後が心配でなりません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
法律担当の社会保険労務士です。
経済的な理由により国民年金の保険料を納めることが難しい場合は、国民年金の保険料免除・納付猶予制度があります。
保険料の免除には全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除があります。
保険料の納付猶予制度は20歳から30歳未満の方で、前年所得(1月から6月までに申請する場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請して承認されると保険料の納付が猶予されます。
上記の制度を利用するには、市区町村の年金担当の窓口へ行って申請書を提出する必要があります。手続きの際には年金手帳、印鑑などが必要ですので、事前に必要なものを電話して確認しておくと良いでしょう。※ケースによって必要となる書類は違います。
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました、これで心配事が一つ減ったようなおもいです。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
法律担当の社会保険労務士です。
評価とご丁寧なご返信ありがとうございます。
お役に立てて幸いです。

法律 についての関連する質問