JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

初めてご相談させて頂きます。よろしくお願いいたします。 結婚して賃貸住まいだった姉家族が、義兄名義で実家を建て替え

解決済みの質問:

初めてご相談させて頂きます。よろしくお願いいたします。
結婚して賃貸住まいだった姉家族が、義兄名義で実家を建て替え同居したいと両親に
申し出て、
父名義の土地に建っていた実家を取り壊し新築戸建にて同居が始まったのが約12年前
のことになります。(姉夫婦・子供2人と両親の同居です)
その後姉と両親の折り合いが悪くなり、姉の罵声と暴力紛いの行為がエスカレート
しつつあり、「出ていけ」と言われていると、親から次女の自分が相談を受けている
状況です。
別居は避けられないとして、土地は父所有・家は義兄所有である現状で一方的に両親の
方が出ていけと言われるのは如何なものなのか。
仮に出ていく場合、土地代に見合う額の金銭的補償請求は法的に可能でしょうか?
また逆に、姉家族に出ていくことを要求し、私(次女)が家を買い取ることも視野に
入れております。その場合、返済半ばのローンを引き継ぐ形になるのか、築12年の現家を
専門家査定の上、査定額で買い取りに出来るのか…あるいはもっと別の形になるのか、
法律の観点からのお話がお伺い出来ればと思いご相談させて頂いた次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
まず、父親名義の土地に義兄名義の建物が建っているということは、父親と義兄の間に土地の「使用貸借契約」があるものとみなされます。
使用貸借契約とは、簡単に言うと無償で目的物を借りる契約のことです。しかし、この使用貸借契約は「信頼関係に基づくもの」です。貸主と借主間の信頼関係に基礎をおく契約ですから、信頼関係が破綻していると解約が認められます。 今回のケースですと姉夫婦が一方的に出て行けと言っているのですから信頼関係が破綻していることはあきらかです。そうすると父親は使用貸借契約を解除することができます。
使用貸借契約を解除すると、父親はどういう主張ができるかというと「建物を壊して土地を明け渡せ」と言えます。「それができないなら、月々の土地の使用料を払え」とも主張できます。ですから、一方的に出て行けと言われることはなく、土地の使用料は月々払ってもらうことができます。これは相手に強制できます。もしご両親が出ていかなければならないなら、どちらかを選べと主張できます。ちなみに土地の使用料の目安となる金額は近隣の土地の地価によります。もし土地を貸し出せば幾らくらいになるかということを不動産業者に尋ねても良いでしょう。
ただし、質問者様が望んでいる「家を買い取る」という選択は相手の承諾が必要です。もし相手が承諾するなら買い取れますが、拒否されれば強制はできません。買い取り金額はローンを引き継ぐのではなく、不動産会社の査定によって出された金額で買い取ることになります。
不明な点がありましたら補足しますので返信してください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
大変分かりやすくご説明頂きありがとうございます。家の買い取りに関しては、姉が「残りのローンを払え。そうしたらこちらが出ていく。」といった主旨の暴言を吐いたことがあると聞いたもので、そうした要求が出る可能性を想定し、
ローンの返済状況が全く分からない状況ですし如何なものなのかと考えた次第です。今回伺ったお話を踏まえて話し合いに挑みたいと考えますが、
仮に姉がこちらの要求を一方的に却下してくるなど、話し合いにならない場合、間に入って頂くお願いは司法書士さん弁護士さん…他どういった専門職さんで可能なものでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
>話し合いにならない場合、間に入って頂くお願いは司法書士さん弁護士さん…他どういった専門職さんで可能なものでしょうか
→話し合いにならず、争いになるならば弁護士でしか間に入ることはできません。他の専門家は争いの仲介に入ることはできないからです。
弁護士に依頼することをお勧めします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
ちなみに通常ですと12年くらいローンを返済しても、まだローン残金の方が家の価値より高いでしょうから、ローンを払えば出て行くというのは姉夫婦に取って有利な条件になるでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧な回答どうもありがとうございました。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
お役に立てて幸いです。良い結果になることを願っています。
回答が参考になりましたら評価をお願いいたします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問