JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

隣地(境界線から60cm)に家が建つのですが、窓に目隠しを付けることを要求する権利があるのか調べています。家を建てる

解決済みの質問:

隣地(境界線から60cm)に家が建つのですが、窓に目隠しを付けることを要求する権利があるのか調べています。家を建てる不動産会社の営業があまりいい対応ではないので、困っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
民法235条では、境界線から1m以内に他人の宅地を見通すことのできる窓やベランダなどを設置する場合は、目隠しをつけなければならないとしています。したがって原則として要求可能です。ただし、236条では、地域の慣習がある場合にはこれに従うという規定もあり、地域の状況によってはかならずしも要求できません。(なお、この規定はご質問者様が心配されている50cmについても適用されます。)まずは、近隣の他の住宅の状況がどうなっているか、見て回られてみてはいかがでしょうか。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問