JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

労働問題について、質問させてください。 出張の効率化をうたい文句に、自宅への帰宅を制限するのは 法的には問題

解決済みの質問:

労働問題について、質問させてください。
出張の効率化をうたい文句に、自宅への帰宅を制限するのは
法的には問題ないのでしょうか。
また、恫喝や前職へのコンプライアンス違反、独占禁止法に触れる事を要求された場合で
もどこにも持ち込めないものでしょうか。証拠はメールになるので、弱いのかもしれませんが。
会社は外資系で、直属上司は日本人ですが、先は中国のフランス人ともなると
なかなか日本の実態が伝わらず、このような状況が社内で複数見受けられます。
会社名なども公表できますが、まずはご教授ください。
泣き寝入りで退職した人間も数名いますが、今居る人間には大問題故。
具体的でなくて申し訳ありません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
法的といっても具体的にどの法規に反するか指摘しないといけません。帰宅制限は、労基法第5条の強制労働の禁止(「使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。」違反、監禁罪(刑220条)、強要罪(刑223条)に触れます。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問