JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

婚前、事情があり認知していない子どもを15年たって認知したいのですが、父親の戸籍に実子として記載できますか?出産後1

質問者の質問

婚前、事情があり認知していない子どもを15年たって認知したいのですが、父親の戸籍に実子として記載できますか?出産後1年以内には婚姻届を提出したのですが、認知しないままにしてしまいました。今後、子どもが戸籍を見たときに、疑問に思わないようにしたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
まず、子を認知した場合には、父の戸籍に認知した日付と誰を認知したかという記載がされます。父が子を認知した事実は戸籍から判明してしまいます。
そして認知されていない子が父に認知されると、それまでは空欄だった子の「父」の欄に父親の氏名が載ります。そして、身分事項欄には「認知日」「認知者氏名」「認知者の本籍地」などが記載されます。
つまり、認知した場合、戸籍を見れば認知した事実は知られるところとなってしまいます。ですから、自分の本当の子供だけど法律的な手続きが遅れただけだ、ということをお子さんにはきちんと事情を説明するほうが良いように思います。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
不明な点がありましたら返信してください。回答が参考になりましたら評価をお願いします。

法律 についての関連する質問