JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

両親が私の建てた家に住んでいますが(私名義の家ですが私は住んでいません)、今年の台風の時に、近所のアパートから畳4枚

解決済みの質問:

両親が私の建てた家に住んでいますが(私名義の家ですが私は住んでいません)、今年の台風の時に、近所のアパートから畳4枚分ほどのプラスティックの屋根が飛んできて、電線を留めている金具を壊し、雨どいを壊し、壁のタイル40cm×4mm近いサイズのタイルを2枚、小さめの2枚を壊したそうで、アパートの管理会社に連絡したそうですが、中々電話にもでず、現場にもみに来ず、やっと来たと思ったら、風の被害だから・・・持ち主が居ないからと・・・修理する気配がないそうで、しまいには弁護士を連れて来い!というようなことを言われたそうです。
11月に入ってそのことを教えられ、憤慨しております。
私自身、近距離に住んでいるわけではないので、すぐに帰るということはできません。
このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
台風などの自然災害によって所有物が損傷された場合、その責任を相手に取らせることができるかという問題ですね。
こういったケースででは、もし相手の所有している不動産が管理や修繕をされておらず、台風が来たら屋根が飛ばされるのではないかという予想ができた場合、つまり、損害を防止する対策を怠っていた場合には相手の過失が認められて損害賠償が可能になります。ただし、裁判になりますと、この「相手が損害を防止する対策を怠っていた」ことを質問者様が証明する必要がありますので容易なことではありません。問題のアパートが普段どのような管理をされていたのか、アパートの状態はどうだったのか(老朽化していたのか)、屋根はきちんと留められていたのか、ということを調査して状況証拠として裁判所に提出しなければなりません。そうなるとやはり弁護士に依頼して進めていくしか方法はないと考えられます。
修繕費用と弁護士費用(約40万円〜50万円程度)を比べてみて、どうしても相手に責任を取ってもらいたいと思うのであれば弁護士に依頼することをお勧めします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
不明な点がありましたら返信してください。回答が参考になりましたら評価をお願いします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。
私自身、故郷を離れ十数年たっており、近隣のアパートの現状を確認したわけではありませんが、その十数年前の状態時点で、視野に入る部分で内部はどうであれ錆が目立っておりましたが、行政に相談などしたことはありませんでしたし、弁護士費用などを考えるとやはりあきらめるほか無いようです。
問題となったアパートの横にもう一軒アパートがあり、、立地の関係もあるでしょうが、そちらはその台風の際、無傷ということもあり、管理の不備に思えた次第であります。
しるかぎりでは入居者も数年は居らず、今回の件で、来年、建物を壊すらしいとなっているそうですが、他に被害がでないように早い撤去を求めて、市の行政にも相談しようと思います。

法律 についての関連する質問