JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

靴店の販売員です。先日、左右のサイズを間違えて販売してしまい、その結果お客様の足の指が内出血し、爪が剥がれてしまいま

質問者の質問

靴店の販売員です。先日、左右のサイズを間違えて販売してしまい、その結果お客様の足の指が内出血し、爪が剥がれてしまいました。この場合の責任というのはどこまで負うべきなのでしょうか?
怪我の状態は、小さいサイズの靴を長時間履いていたり、スポーツをされている方のは珍しくないような怪我で、病院に行く必要はない程度のものです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、靴の種類等にもよるかもしれませんが、確かにサイズが違うだけで
爪が剥がれる大怪我をするものかとも思いますが
相手は、お客様ですので、すぐに反論はせずに、謝罪はされた方が良いでしょう。
謝罪と損害賠償はまた別の話です。
基本的には、爪が剥がれる位ですから、病院で診察して診断書は出ると思われます。
病院に行く必要ないと言うのは、ご相談者様の方の判断なので
感情的なもつれになると長引きますから、相手に判断はさせましょう。
病院に行ってなければ、行ってもらい全治何週間とか確認しましょう。
爪が完全に元通りになるまでには、1年近くかかることもあります。
具体的な症状を見ていないので何とも言えませんが、この手の問題は
客観的な事実や証拠のもとにされた方が良いでしょう。
ご相談者様自体は、販売員と言うことですが、本来は、会社が対応するべきものです。
個人の責任としてではなく、会社の管理責任に基づいて謝罪すると言う立場が必要です。
この手の怪我の場合の考え方は、交通事故の補償に準じることが多いのですが
大した怪我で無いと言うことであれば、後遺障害も無いでしょうから治療費と交通費や
休業すれば休業手当のようなものを支払うことが多いと言えます。
ただし、あまりにも高額な賠償を求めるのであれば、恐喝罪になりますし
ご相談者様が考えるような疑問があるのであれば、靴の交換とサービスだけで
もう出来ませんとはっきり伝えて、後は、相手がどうするかになります。
怪我が靴の原因で無ければ、詐欺罪とも言えます。
いずれにしろ、靴のサイズを間違えた過失がありますから、邪険には対応は出来ないでしょう。
とりあえず、病院で診断書を出してもらってから、判断しますと伝えて良いでしょう。
大したことなければ、ご相談者様のその対応で良いとなります。
法的には、損害賠償は予見できるものでないといけません。
爪が剥がれるなどの予見ができないことであれば、必要以上に応じる必要はございません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答ありがとうございます。
怪我の具合なのですが、お客様自身も病院に行くほどのものではないとおっしゃられており、私から他の病気の可能性もあるということはお伝えしましたが、病院へ行く気はないようです。休業もせずに、病院にも行っていないため、どのくらいの金額を支払うべきなのか見当が付きません。大まかな目安を教えていただけると助かります。それと、このようなケースで慰謝料を支払わなければいけないのであれば、靴擦れ等も対象になってしまうのでしょうか?私自身、靴に足のトラブルはつきものだと思っておりますし、お客様の多くもそう思っていらっしゃると思います。靴箱にもその旨デメリット表示されており、あまり低い基準で対応していくと、謝罪だけで大きな負担になってきます。そのあたりの判断基準も、法的にどうなっているのかも教えていただければと思います。
すみません。販売員と書きましたが、経営者でもあります。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。
追加のお話から、分かる範囲でご回答致します。
怪我の具合が具体的にこちらでわからないので何とも言えない部分はございますが
予見できる損害に関しては、法的にはしていくことになります。
靴ずれの考え方は、今回の事とは異なります。
今回のトラブルは、サイズを間違えた、ご相談者様側の過失があるのが問題です。
靴ずれに店側の過失はないでしょう。
相手が、わざと、爪をはがすと言うことは、余程でないとあり得ないと思いますが
いずれにしても相手は、ご相談者様のご提案では納得できないと言っているので
もしそれでだめなら、診断書をお持ちくださいと伝えるしかありません。
そうしないと、適切な損害額は出ないと言えます。
謝罪は、あくまでサービスです。法的に謝罪をする明確なものはありません。
謝罪をして相手が気持ちが収まれば、示談がしやすくなると言うだけです。
法的には、損害賠償をすれば良いだけで、相手もその請求しか出来ません。
お店がどのような規模で、どのような戦略でされているかがわかりませんが
今回の対応で、評判が悪くなるのは、避けたいところです。地域に密着したお店なら尚更ですが
大手の場合は、このことで同じような損害賠償に応じないために、毅然とした態度で
臨みますが、それはお客様の数も多いです、大手だからとも言えます。
法的には、適切な損害賠償だけで良いと思います。そのためにも診断書をお願いしますと
伝えることです。病院にも行くほどで無いと言うことであれば、自分での治療代として
1万円程度でも良いと思いますが、それ以上要求したら、恐喝ですかと
相手に毅然とした態度で臨んでも良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
詳細のわからない中、ご丁寧に回答いただきまして、ありがとうございました。お詫びとして、支払う金額は1万円程度を上限に、それ以上請求される場合は、法にのっとった請求をしていただくようにしたいと思います。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
少しでもお役に立てたようで良かったです。
また、何かございましたら
お気軽ご相談下さい。
よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問