JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

夫56歳の不倫が先週の10/17土曜日に相手36歳が自宅に乗り込んできたことで発覚しました。 私55歳は全く不倫を

解決済みの質問:

夫56歳の不倫が先週の10/17土曜日に相手36歳が自宅に乗り込んできたことで発覚しました。
私55歳は全く不倫を疑ったこともなく平和に暮らしていましたので、晴天の霹靂です。
夫にどういうことか問いただしたところ、会社の部下で5年半前からの関係で、ここ半年は付き合いをやめたいと思いメールを返信しないと、メールで家に行きメチャメチャにするとか、会社にばらすと脅迫され、電話着信が100回くらいあったりとしていたため、なだめるつもりで付き合いは続いていたそうです。
我が家には大学生の子供が2人いて、学費が一番かかる時なので会社にばらされ退職することになったら一番困るのでどうしたら良いのかわかりません。
相手に会った第一印象はまじめで大人しく一途な感じがしました。
20歳も歳の差があり、最初に夫が誘ったことを謝り若いのだから、結婚できる相手を持った方が幸せでしょうと私は冷静に対応したつもりです。
一応今後はメールなどはしない。2人では会わない。ことを納得したようでしたが、また翌々日主人にメールがありどうしても聞きたいことがあるので奥さんに了解を得たうえで会いたいと言って来たので、今週土曜日に3人で会うならということにしました。
主人と結婚をしたいとか、お金が欲しいなどは要求したことは1回もないそうです。
私としては、子供たちが知ってしまうことと、私は専業主婦なので会社にばらされ収入がなくなるのが怖いです。
相手が今後こちらに関わらず平和に過ごせるようにしたいです。
主人とはすぐに離婚は出来ませんので、子供が社会人になるのを待ってどうするかを考えたいと思います。
主人は虫のよい話ですが、あくまでも不倫で相手と結婚を考えたことはないと言っています。
今後平和に暮らせるのなら、相手に慰謝料は要求するつもりはありません。
逆に相手から主人に慰謝料請求はできるのでしょうか?
会社にばらさないようにするために示談金を払うことも考えなくてはいけないのですか?
和解するにはどのような文面を取り交わしたらよしでしょうか?
3人であった時に何をすべきかを教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
一つ一つ回答していきます。
>逆に相手から主人に慰謝料請求はできるのでしょうか?
→不倫相手がご主人に慰謝料を請求はできません。もし、ご主人が既婚者であることを隠して交際していたり、結婚の約束をしながらも一方的な都合で別れた場合には慰謝料が発生する可能性もありますが、今回のケースではお互いが納得して交際(不倫)していたのであり、慰謝料は発生しません。
>会社にばらさないようにするために示談金を払うことも考えなくてはいけないのですか?
→必要ありません。もし、相手が不倫を会社に知らせた場合、名誉毀損になります。ご主人は相手に損害賠償を請求することができます。ですから、相手には「会社に知らせると名誉毀損になりますよ。損害賠償請求しますよ。」と言えばいいでしょう。さらに言うと仮に会社に不倫が知られても解雇されることはありません。会社は不倫を原因にクビにはできないのです(そういう裁判例があります)。もし知られたら気まずい思いはするかもしれませんが、当人が我慢すればいいだけのはなしです。収入がなくなることにはつながりません。
>和解するにはどのような文面を取り交わしたらよしでしょうか?
→和解とは法律的に対立する者同士で交わすものです。今回のご主人と不倫相手は法的に何の争いもありません。単なる別れる別れないの話です。慰謝料もありませんし、会社に話す話さないなども権利義務のことではありませんので和解にはなりません。
強いてアドバイスするなら、不倫相手が会社に知らせないことを条件に、質問者様が慰謝料を請求しないという文面を取り交わせば良いでしょう。質問者様は不倫相手に慰謝料を請求する正当な権利があります。それをしない代わりに相手に黙っていろ、という書面を作りサインさせれば十分です。
不明な点がありましたら補足しますので返信してください(ただし、最初の質問の範囲内でお願いします。新たな質問をする場合は一度評価をしてからお願いします)。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。

よくわかりましたが、1つ質問させてください。

何度も脅迫めいたメールや100回くらいの着信などに対しては訴えることができるのですか?

穏便に済ませたいので訴えるつもりはありませんが、今後またこのようなことメールなどしないように説得させるにはどのような説明を相手にするのがよいでしょう。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
>何度も脅迫めいたメールや100回くらいの着信などに対しては訴えることができるのですか?
→ストーカー規制法違反として警察に通報することができますので、それ以上繰り返すようなら警察に通報する、というくらいしか相手に言うことはできません。
「あなたのしていることは法に違反しています」。と言って警告し、相手の行動を規制するしかないでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問