JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

小さな映画を作っている者です。とはいえ現場費(撮影費)は500万円ほどかかっています。全体の70%ほど撮った段階で主

質問者の質問

小さな映画を作っている者です。とはいえ現場費(撮影費)は500万円ほどかかっています。全体の70%ほど撮った段階で主演女優が突然降板してしまいました。監督である私が適切な指導や条件を履行しなかったからという理由です。突然の降板で映画撮影は中断を余儀なくされました。損害賠償を当人に要求したいのですがご指導下さい。とりあえずこちらの要求は内容証明で先方に伝えてあります。先方は犠牲者は自分であるということで一切の要求に応じてきません。
この種の案件相談にのってくださる専門家をご紹介下さい。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、まず、こちらのサイトでは、個別の案件のご依頼や専門家のご紹介は

出来ないことになっておりますので。ご了承下さい。

基本的には、それだけの額の映画ですから、女優との契約書があるとは思いますが

そこはどうでしょうか?

仮に、契約書があって解釈の問題があると言うのであれば、司法の場で争うしかありません。

民事調停や訴訟を申立てると主張されても良いでしょう。

とは言え、先方も、適切な指導や条件の履行が無かったと言う主張をされていますから

場合によっては、債務不履行による契約の解除及び損害賠償請求が逆にあります。

契約の解除とは、最初から契約が無かったことにすることです。

映画ですから権利関係や今後の興業の予定もあったと思いますので

女優に対して和解金を支払い継続してもらうなどの条件の提示もあり得ます。

それと映画作成位になると、スポンサーや芸能事務所も関係してくると思いますが

女優のマネージャーや所属事務所の対応はどうなのでしょうか?

仮にご依頼されるとしたら、芸能事務所に専属しているような弁護士の先生か

契約トラブルに詳しい先生にご依頼することになると思います。

どのくらいの損害賠償になるかですが、訴訟等で争う場合も弁護士報酬はかかりますので

それなりの高額になると思われますので、その分を女優との和解金にして

示談をして映画の撮影を継続した方が得と言う場合もございます。

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。おかげさまで自分の立ち位置が明確になりました。私は基本的に海外で仕事をしている人間で常に契約書のなかで仕事をしております。今回は日本人の方との仕事で「角が立つ」のではという懸念から敢えて準備していた契約書を提示しなかったのはこちらのミスです。口頭で「ヨーロッパへの渡航券を買った時点で出演の変更は認めない」とだけ当該の女優さんとすべての参加者に伝えました。

また私どもの映画は商業映画ではなく、どちらかといえば芸術映画なので、それに資金提供してくれたりスポンサーがつくことはありません。長年準備した自己資金と200名を超える方々のクラウドファンディングによって製作資金を集めました。それだけに女優の降板はある種の

社会的責任の放棄ということになるのでは、と思います。

裁判にかかる費用、先方の言い分など鑑みて訴訟に入るべきか、は確かにデリケートですがこのまま泣き寝入りも出来ないというのが現在の心境と状況です。お考えを再度いただければ幸いです。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、分かる範囲でご回答致します。

民法の場合、口約束でも契約は成立します。

ただし、争う場合に、書面等があれば有利となります。

既に、いろいろな方に契約内容を伝えているのであれば、証言が取れるはずです。

また、本人が認めれば、契約は成立していることになります。

それと、やはり、相手も感情的になっているのでしょうから、感情的な問題は実際には

法律で解決するのは難しい部分は、あります。

彼女の関係者やファンなどに説得してもらうことも大事でしょう。

クラウドファンディングであれば、多くの方が関わっているので、確かに責任は

あると言えます。

面倒でも、その方々に、女優にお願いするメッセージをいただければ

心が動かされるかもしれません。

やはり、気になるのは、ご相談者様が契約社会で生きていたと言うことろです。

日本的な、義理人情的なものは、やはり考えておくべきで

よく芸能界であるのは、大物の俳優や力のある事務所が仲立ちをして手打ちをすると言うのもあります。

ある意味、法的には正攻法ではないですが、日本的な世の中では効果的だとも

思えます。

そう言う意味では、芸能界を知る専門家にご依頼されれば、その辺りは心得て

いるのかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。今後どうすべきか考えてみます。

また必要があれば連絡させていただきます。

感謝。

質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。今後どうすべきか考えてみます。

また必要があれば連絡させていただきます。

感謝。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てたようで良かったです。

また何かございましたらお気軽に

ご相談下さい。

よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問